bg_jk.gif
女優・綾瀬はるかをゆる~く傍観していきます。
プロフィール

虎馬FC2

Author:虎馬FC2

FC2カウンター
ツイッター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
キャプチャs0



今夜で、ドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』は12周年を迎える。

12年間絶え間なく見続けるドラマは 生涯もうないだろう。



想い出はいつも優しいものだと思っていた。

辛い記憶は時を経て濾され角が取れ

残された懐かしさが増幅されるからこそ想い出せる。



キャプチャs6
キャプチャs1
キャプチャs2
キャプチャs3
キャプチャs4
キャプチャs5



しかし 松本朔太郎の涙は そのときからかたちの変わらない痛みだ。


身体の痛点を使った記憶法があるように

きっと心の痛点で刻まれる記憶もあるはずだ。


ドラマは 松本朔太郎が刻まれた痛みの記憶を

想い出にリサイズできるまでを描いているんだな。きっと。






キャプチャs12
キャプチャs13
キャプチャs14
キャプチャs15
キャプチャs17
キャプチャs18



キャプチャを取るために ドラマを見返し

不覚にも またこのシーンで廣瀬亜紀の虜になってしまう。


逢えない日は逢える日を一日千秋の思いで待ちわびるのに

逢えた日は その日その時間が次に逢えるまでに一番遠いんだと思い落ち着かない。


忘れ去っていた あのせつなくてどうしようもない遠い日の恋愛に

廣瀬亜紀が灯をともすのだ。



キャプチャs20
キャプチャs21
キャプチャs22
キャプチャs24
キャプチャs30







キャプチャs00



ブタネコさんの記事に触発されて
俺もエンディングについて少し書きたくなったのだ。

思えば、俺がブログを始めるきっかけのひとつは間違いなくブタネコさんの書かれるセカチュー記事に触発されたからに他ならない。

俺のハンドルネームの『虎馬』は
ブタネコさんのブログタイトル『ブタネコのトラウマ』から勝手に頂戴したものであり
そもそも このハンドルネームは
ブタネコさんのブログに書きこむためだけの名前だったのだ。

しかし 俺の妄想的な書き込みにつき合わせてばかりはいられないとある日気が付いて
じゃあ俺自身がブログをやってみようかと思ったのだった。

パソコンは、『世界の中心で、愛をさけぶ』を検索するために始めたようなものであり
いざ、ブログを書こうにも右も左もわからない。
それで、当時 日参していた

・ブタネコさん
・kuma6663さん
・takuさん

この3人のブログを参考… トレース…
いやいや 白基調、青文字を真似して始めた(笑)。

そして 俺がブログを始めて唯一の自慢は
この3人に相互リンクを貼っていただいたことです。
何人もいたセカチュー関連のブロガーでこれは俺だけ
当の3人は自分をリンクできないので
これは俺にとってのグランドスラムだったのだ。


え~と なんだっけ?
そうだ!ドラマのエンディングについてだった。


ドラマ版『世界の中心で、愛をさけぶ』は
ストーリー、脚本、キャスト、音楽、主題歌、、、どれを取っても秀逸であり
いや、その破綻のない集合体のバランスこそが名作たるゆえんだ。俺の中で。

柴咲コウの『かたちあるもの』が流れるエンディングは
ドラマの中にグッと入りこんだ俺を
これはドラマだったんだと気がつかせてくれる映像であり
また 結末を知っているがゆえに
元気で無邪気な亜紀の姿にもう一度涙する場所でもある。



キャプチャs5
キャプチャs7
キャプチャs8
キャプチャs9
キャプチャs0
キャプチャs11
キャプチャs12
キャプチャs14
キャプチャs15
キャプチャs16


何故にこのエンディング映像に引き込まれるのか?
単に8ミリで昔風に撮っているからではない。


キャプチャ1987


このドラマの主な舞台となった1987年は ソニーのハンディカムなど 家庭用撮影ビデオカメラが普及し始めた頃だ。
きっと朔太郎は 松本写真館から売り物の8ミリを持ち出して
亜紀と交互にお互いを撮り合っていたんじゃないかと想像していまうからだ。

『亜紀、8ミリなんだから動いてよ』
『そんなこと言われてもわかんないよ、朔が見本見せてよ』
『わー!逃げるな!』
『バーカ!(笑)』

俺はきっとこのときふたりがしたであろう会話を妄想をしながら見てしまう。
そしてこのときふたりは この後の運命にまったく気がついてないことを思うと涙が出るのだ。


キャプチャs27
キャプチャbns18
 


キャプチャs1



今年も夏が来た。



キャプチャs2



2004年7月2日

廣瀬亜紀が弔辞を読むシーンから患ったAH病ウイルスにただ酔い

11年経った今でも俺の魂はドラマの中を漂うのだ。



キャプチャs4




ドラマが終わっても俺の中に廣瀬亜紀がずっと…いる。








キャプチャcm


さっき流れていたスバルのCMを観て驚いた!


夢島が映っていたからだ!


キャプチャcm1



定番の保田海岸か?



キャプチャm1



昨日は新宿南口のタワーレコードへ行く前にここに寄ってきました~



どこ?




キャプチャm



これならわかりますよね?


その昔 『世界の中心で、愛をさけぶ』は

映画もドラマも100回以上観たと豪語する奴がいて

そいつがまったくわからなかったんですよね~


わからなくてもいいんです。

でも、だったら 100回観てま~す

STAP細胞はありま~す

なんて言わなきゃいいのに(笑)




キャプチャm14
キャプチャm7
キャプチャm12



そうです、ここは

亜紀がヘビーリスナーだった『Music Wave』のラジオステーションです。

亜紀がこの世からいなくなって17年

まるで朔太郎が投稿したハガキのアンサーのような内容を聴いた朔太郎が

亜紀の幻を見たあのラジオステーションです。


たぶん一番多くリピートする第1話の導入部で印象的なシーンなので

大ファンでここを知らないというのはかなりのパッチもんです(笑)




キャプチャm0



朔太郎が寄りかかったガード



キャプチャmw




キャプチャm11



朔太郎がふらつきながら渡った横断歩道



キャプチャm2





キャプチャm13



ああ、俺も 朔太郎のように空を仰ぎながら

亜紀への想いに浸りたかった。





マーガレット

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RSSリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
検索フォーム