bg_jk.gif
FC2ブログ
女優・綾瀬はるかをゆる~く傍観していきます。
プロフィール

虎馬

Author:虎馬

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
399位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
112位
アクセスランキングを見る>>
キャプチャb



ブルース・スプリングスティーンの音楽が満載の映画を観てきました~

1987年のイギリスが舞台の中心。

ボスの歌が人生を変えるなんて そんな映画があっても不思議ではないけど

それが実話ベースだと知って驚きだ。


ハイスクールに通い出した主人公のジャベドはパキスタンからの移民家族で

保守的な町の人からの偏見や古い慣習を大事にする父親に反発を感じてた。

この頃の米英は強烈な新自由主義が蔓延っていて

仕事にあぶれた国民は当然のように移民を排除しようという風潮。

あおりを受けたジャベドの父親は失職して家庭は大ピンチ。

母親の内職でなんとか食いつないではいるがまったく先が見えない状態。

このままでは学校へも通えなくなると、窮屈な小さな町をいつか抜け出す夢を見ていたジャベドは絶望の夜を迎えていた。

偶然、鞄の中から友人のループスがくれたカセットテープが転げ落ちた。


『ボーン・イン・ザ・USA』と『闇に吠える街』


自分の境遇を理解してくれる歌詞が、ジャベドの身体中を駆け巡る。

その映像の表現も秀逸だ。


ブルース・スプリングスティーンによって自分の言葉を得たジャベドは

ライターとしての才能を発揮して 夢の道筋を作りだして行ったのだ。


ジャベドとブルース・スプリングスティーンの音楽との出会いは必然だったかもしれないけど

同じ音楽が流れていても 自分の中に浸透するときとそうでないときがあるよね?

それって こっち側の受け入れ体勢だと思うんだ。準備というか。

ジャベドにはそれがあった。


そもそも、ジャベドを変えたのはブルース・スプリングスティーンではなくて

ボスは単にきっかけをくれたに過ぎないとも言えるんじゃなかな~


友人も恋人もゼミの先生も校長も

日頃の真面目で直向きなジャベドを知っているから味方になってくれたんだよ。

ライターの才能だって それまでの自分の努力の下地があってのことだし。


この映画の原題はボスのファーストアルバムの一曲『BLINDED BY THE LIGHT 光で目もくらみ』。

ジャベドはブルース・スプリングスティーンに傾倒しながら 受け入れられないフレーズがあることを告白する。


夢を叶えるためには代償が必要だというフレーズ。


自分には代償は払えないと。

光に目がくらんで大切なものを見失いそうになっていたのは自分だと。


ジャベドがボスの歌を超えた瞬間。

歌詞が人生の答え合わせではないことに気が付いたのだ。


その大切なものは 是非映画館で確かめてもらいたい(笑)。





この映画のツボ台詞は 校長の「ティファニーがクズなのは私も知ってる」と

ジャベドのおやっさんの「ブルース・スプリングスティーンは親を大事にしろと歌ってたぞ。彼はパキスタン人か?」。

本当に笑っちゃったよ。




キャプチャbr



グラミー賞を20回も獲ってるのに アルバムは全世界で1億3500万枚も売ってるのに

日本でのブルース・スプリングスティーンの評価は今ひとつだと思う。

でも、知らない間に日本人の身体にも浸透しているのだ。


だって、『BORN TO RUN』の自殺マシーンは尾崎の盗んだバイクだし

佐野元春の『SOMEDAY』はボスの『HUNGRY HEART』だし

浜田省吾の『家路』はボスの『THUNDER ROAD』だし


映画の感想をインターネットで拾っていくと

ブルース・スプリングスティーンって 初期の佐野元春みたいって文章を発見!

それ、逆だから(笑)。








2020/07/17 01:37 映画 TB(0) CM(4)
キャプチャkoi
キャプチャkoi1


前から見よう見ようと思っていた 『恋は雨上がりのように』をようやく鑑賞しました。


キャプチャkoi17
キャプチャkoi19


映画は ファミレスアルバイトの女子高生が

45歳バツイチ、元小説家志望のファミレス店長に恋してしまうという

なんとも中年男性にはつごうのいいお伽噺なのだ(笑)。


キャプチkoi12
キャプチャkoi13
キャプチャkoi14


青天の霹靂』が大いに役立ってる大泉洋。



キャプチャkoi3
キャプチャkoi4



クールなあきら(小松菜奈)に対してきゃぴきゃぴのユイちゃん。

このユイちゃんが松本穂香であることにしばらく気がつかなかった。

こんなイメージの違う役もやれるんだね。


キャプチャkoi2


しかし、この映画は 俺に言わせれば

とことん 小松菜奈を鑑賞するだけの作品なのだ。



キャプチャkoi16
キャプチャkoi5
キャプチャkoi6
キャプチャkoi7
キャプチャkoi8
キャプチャkoi9
キャプチャkoi10
キャプチャkoi11
キャプチャkoi20
キャプチャkoi21
キャプチャkoi22
キャプチャkoi26
キャプチャkoi27
キャプチャkoi28
キャプチャkoi30



2019/08/17 12:25 映画 TB(0) CM(4)
キャプチャk11


NHKで 映画版の『この世界の片隅に』を放送した。

どうせなら、同じ原作者の『夕凪の街、桜の国』の映画版も放送してもらいたい。


キャプチャk8
キャプチャk9
キャプチャk10
キャプチャko
キャプチャk
キャプチャk2
キャプチャk3
キャプチャk4
キャプチャk5


冒頭から、のんちゃんの声と すずさんの船着き場での荷物のしょい方で持って行かれるのだ(笑)。



キャプチャk20
キャプチャk01
キャプチャk12


幼い頃、くっきーみたいな怪物に連れ去られそうになったときの少年がすずさんの夫だと

匂わせるだけではっきり映画では言わない。


キャプチャk14


傘一本が、どうしても妄想を膨らませさせる。

だったら干し柿は何なのかと(笑)。


キャプチャk7


映画館で最初に観たとき

幼なじみの海軍水夫が、出陣前に訪ねてきたシーンを

どこかで見たと思った。


北川景子がすずさんを演じた 日本テレビのスペシャルドラマだったのだ。


キャプチャk16
キャプチャk17


あえてリアルより描き込みを強調したような戦艦大和の迫力!



キャプチャk15
キャプチャk18
キャプチャk19



もう、すずさんと同化したとしか思えないのんちゃんの声優ぶりも凄いんだが

あの容姿と演技力と人気がありながら 

自分の名前さえ奪われて ドラマや映画に出られないなんて不条理すぎるよ。


キャプチャk22


しみじみニヤニヤしとるんじゃ


キャプチャk23


過ぎたこと、選ばんかった道

みな醒めて終わった夢と変わりやせんな



俺のツボシーンです(笑)。


キャプチャk27
キャプチャk25


2019/08/05 15:06 映画 TB(0) CM(4)
キャプチャbo



ブログのコメントから

そして、twitterのタイムラインから

強烈にススメられて、ついに観に行ってきました~



キャプチャb1


そして、100円増になりましたが

これも強いおススメで音響抜群のドルビーアトモス仕様で鑑賞

正解でした!



キャプチャb5


映画は、クイーンの誕生からライブエイドまで

あくまで限られた時間ですから端折ると言うか

フレディの半生を濃縮して描いています。


そして 『ボヘミアン・ラプソディ』の歌詞の謎を紐解いていきます。


フレディの家系はインドからの移民でゾロアスター教徒。

ボヘミアンは自分自身を歌っているのがよくわかりました。


クイーンの名曲たちが、その誕生の瞬間を描き演奏されていくわけです。


ロックンロールとは揺さぶること。

現状を、常識を、社会を、愛を、憎しみを、コンプレックスを…

揺さぶって世界をひっくり返すことなのだ。





キャプチャb4



それにしても、フレディ役のラミ・マレックがフレディより甲斐よしひろにそっくり!

いや、甲斐よしひろにしか見えなかった(笑)。





キャプチャb7




ライブエイドが死期を知ってからのパフォーマンスだと知ると

感動が増量、涙が止まらなかった。










2018/11/26 19:13 映画 TB(0) CM(6)
キャプチャk


地元千葉にも上陸した 噂の映画『カメラを止めるな!』を観て来ました~

レイトショーの駐車場はほぼ満車

俺が好きな 足が伸ばせるなるべく後ろの席もすでに埋まってました(笑)。


面白そうな映画から 観なきゃいけない映画に評判が上昇して

観る俺はハードルマックスだったのに…

映画はそのハードルをはるかに超えて行きいました。


たいしたことがないと言われていた序盤の劇中ゾンビ映画も充分に怖くて

後半どんでん返しがあるとわかっていたのに それも想像をはるかに超えていました。


映画あるある、演劇あるある、スタッフあるあるがユニークに皮肉られていて

映画・舞台が大好きな人は 俺よりも笑えたかもしれないし

俺が観逃したパロディ的なものもたくさんあるんじゃないかと思えた。



前半の微妙にギクシャクしたシーンが後半の前フリ後フリになっているのがたまらない。

もし妻と観に行ってたら 半年くらい『ポン!』をやられていたところだった(笑)。



個人的ツボは いかにも大阪のおばちゃん風の女性プロデューサーと

短パンのヒロインの階段上りを後ろから執拗に追いかけるカメラアングルです(笑)。


全体に低予算で作られているのはわかるし

ピンとくる役者も出ていない。

なのにこんなに面白い映画が作られるなんて衝撃だ。

もしかすると、こういい映画を目指して結局挫折した作品が今までたくさんあったんじゃないかと思っちゃう。

たとえば 達者な役者を使ったために この映画で笑える不器用さぎこちなさが伝えられなかったとか。



観終わった後の爽快感は

製作者の映画や演劇に対する愛が充分に伝わって来たから。

これ大事だよね。

愛だよ愛。


肩車の写真には 迂闊にもホロッとしちゃいました。




2018/08/11 16:50 映画 TB(0) CM(14)
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
RSSリンク
Twitter
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
検索フォーム