bg_jk.gif
女優・綾瀬はるかをゆる~く傍観していきます。
プロフィール

虎馬FC2

Author:虎馬FC2

FC2カウンター
ツイッター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
キャプチャj



NHKのBSプレミアムドラマ『受験のシンデレラ』を最終回まで観ました。

BSが観られない環境なので ホントにオンデマンドは役に立ちます。


で、結局 夏ドラマで完走したのは この『受験のシンデレラ』と

完走しそうなのは 日テレの『家売るオンナ』です(笑)。


キャプチャj3



『受験のシンデレラ』は 家庭の経済事情から夜間高校に通う遠藤真紀(川口春奈)が

カリスマ塾講師の五十嵐透(小泉孝太郎)の指導によって東大合格を目指す物語だ。



キャプチャj2



家を出るためにためたお金を母親に持ち逃げされ

白いご飯をマヨネーズやしょうゆをかけて食べている真紀が健気で愛しい。



こういう受験サクセスストーリーって 教え方ではなくて 

結局 チャレンジする受験生の超努力する できる才能があるかないかの問題だ。









2016/08/30 22:36 ドラマ TB(0) CM(0)
キャプチャki0


『君の名は。』観て来ました。


まだ夏休み中だからでしょうか

映画館は中高生でいっぱい

かなり前の席しか空いていませんでした。




キャプチャkio1
キャプチャki02


なるべく先入観なしに新鮮に観たかったので

関連雑誌にも目を通さずにいましたが


キャプチャki1
キャプチャki2


普通にテレビを見ているだけでそれとなく情報は入ってきちゃうもので(笑)。


キャプチャki9



男女が入れ変わっちゃうドタバタかなあと思っていたんですが


キャプチャki7
キャプチャki8



全然違った!


瀧は 三葉に会うことを決めて 入れ替わったときの風景から 三葉の住むだいたいの場所を探し出そうとするが

そこで驚愕の事実を知る。

頻繁に現れる彗星の映像は
心象風景ではなかった。


ふたりは会えるのか?

その一点に興味を集中させておいて

ここで観ている俺はそれまで積み上げた物の点検を余儀無くさせられる。

時間のズレ?

パラレルワールド?



時間と空間を超えた ミステリー風味のファンタジーロマンっていうか

とにかく 絵の綺麗さとスケールの大きさに圧倒される。


ただ、三葉には事情があるからわかるんだけれど

何故入れ替わるのが瀧だったんだろう?


その必然性を描いてくれていれば満点だったのに。




2016/08/27 04:52 映画 TB(0) CM(0)

キャプチャse81
キャプチャb3



先週、『精霊の守り人』のDVDが届きました。


ディスクは2枚。

他に 既に知っている情報満載のブックレットと

イラストのブロマイドカスハガ。

ここは綾瀬はるかのブロマイドでしょう。普通。



キャプチャsei
キャプチャs2


気になるボーナストラックの内容はご覧のとおり。



キャプチャb
キャプチャb1



既に放送で流れた映像がほとんどです。


キャプチャb4
キャプチャb5
キャプチャb03
キャプチャb8i
キャプチャb90


メイキングもちょっと少なめ。


キャプチャb89


ほとんど本人と確認できない特殊メイクを施したトロガイの気持ち 今ならわかりますが

旦那と一緒にやっていたら このドラマごとお蔵入りでした。



キャプチャb8
キャプチャb7



俺に何の連絡もなく 『行くぜ、東北。』を卒業してしまった木村文乃。

シーズン2での出番はあるのでしょうか?



キャプチャb9o
キャプチャb01
キャプチャb9


ここら辺の映像がボーナスと言えばボーナスです(笑)。



2016/08/22 17:08 精霊の守り人 TB(0) CM(2)
キャプチャb




ブラタモリに刺激されたこともあったのですが

前々から行きたかった会津若松に行ってきました!



キャプチャb2



ファンなら この磐梯山の写真を見てピンとくるでしょう

『八重の桜』のオープニングに出てきた

370人の子供たちが桜の花が咲くように和傘を一斉に開くシーンですが

そのシーンを撮影した 町営の磐梯山牧場に寄って来ました。



キャプチャb5



猪苗代湖上からの磐梯山。

ホントに美しい宝の山でした。


キャプチャb3



当然 ドラマの象徴ともいえる石部桜にも寄ったのですが

ナビが導いたのはここ。

正面に車が通れる公道がなく 鉄塔の上から眺めました(笑)。

桜の前は畑で 正面に行くには所有者に許可を得なければならないと思ったからです。

連れもいるので全体の撮影は断念です。



キャプチャa7



今回の旅行のメインはここ。

もちろん鶴ヶ城です。



キャプチャa9



綾瀬はるかが演じた八重が必死に守ろうとした城を実際に見て その想いに胸が張り裂けそうになりました。



キャプチャyae


ならぬことはならぬのです。



キャプチャa1



そして、そして、

ファンとしては ここを見逃してはいけない特A物件です。


え?ただの若い桜の木?

しかたないな~(第2話風)

俺も鬼じゃないのでズームアップします。



キャプチャsh



これは約3年前 綾瀬はるかが、福島の復興と子供たちの幸せな未来を祈願して植樹した

はるか』という桜です。


ちょっと残念だったのは これ以外 鶴ヶ城周辺で土産物のコーナーにも

綾瀬はるか関連、『八重の桜』関連の匂いがまったくしなかったことです。




キャプチャho



1泊の宿は東山温泉。

ふくしまに恋して❤』で 綾瀬はるかが芸者の稽古をした温泉です(笑)。


2016/08/17 20:05 綾瀬はるか TB(0) CM(0)
キャプチャse10



夏の暑さもひと段落のお盆休みですが

本日、四つのキャリアを経て 俺のブログ歴が10周年に達しました!


ひとつのドラマ、そしてひとりの女優を傍観して10年


滅茶苦茶文章の上手い人

滅茶苦茶映画を観てる人

滅茶苦茶ドラマを観てる人

滅茶苦茶本を読んでる人

いろいろな人との交流で俺は確実に変わった。


本も読むようになったし

映画やドラマの観方も変わった。


ブログを始めてよかった。



これからもよろしくお願いします☆






2016/08/15 22:16 雑感 TB(0) CM(10)
キャプチャob



オリンピックが近づくと、あるいはオリンピック中も頻繁に流れるあの歌が大嫌いなので

その歌を凌ぐ歌が早く定番になって欲しいんですが…


それははともかく

バドミントン・ミックスダブルスの栗原文音がかわいい!


キャプチャb



リオ・オリンピックが始まるまでその存在すら知らなかった(笑)。



キャプチャb2
キャプチャb3


初めて映像で観たときは 美しすぎて選手ではなくどこかの女子アナかタレントレポーターかと思った。


キャプチャb5


俺の金メダルです。意味不明(笑)。




2016/08/14 09:05 雑感 TB(0) CM(2)
キャプチャni



Namberのイチロー増刊号を購入。

内容は案外あっさりしたもの。


イチロー以前、歴代の3000本安打達成選手29人の記録を見ると
27歳までにほとんどの選手が1000本以上を打っていて
イチローの3000本が、28歳からMLBに移籍してからのものだと考えると
改めてイチローの凄さがわかる。


それはやはり、日本での9年間で充分に準備出来たからこそで

もう少し早くMLBに来ていればと思うのは見当違いなのかもしれない。


鈴木一朗という、日本では超スタンダードな名前の選手が
こんな大記録を達成するなんて なんか不思議だ。



2016/08/13 12:52 書籍 TB(0) CM(0)
キャプチャki


NHKのオンデマンドで 角田光代原作の夏休みドラマ『キッドナップ・ツアー』を観た。


キャプチャk66


主人公ハルの父親に 最近回文が出回った妻夫木夫妻の夫。


キャプチャk31


母親が木南晴夏。


キャプチャki1


その妹に夏帆。


キャプチャk9


他に 新井浩文。


キャプチャk56


ムロツヨシと満島ひかり。



キャプチャk12


この人が出るととにかく上品にまとまる八千草薫。



キャプチャk41


母親と別れた父親に 突然誘拐されるという よくわからない話なんですが


キャプチャk0



伊豆の海が出てくる頃から

何故か『サイドカーに犬』を想い出してしまった。



キャプチャk2


ハル役の豊島花が時折 中嶋朋子に見えた。


2016/08/11 22:49 ドラマ TB(0) CM(0)
キャプチャk



『ピリオド』のことを書いたので 勢いで『交差点days』も。


『ピリオド』はELTの持田香織が

『交差点days』は一青窈が綾瀬はるかに書き下ろした作品なんですが

『交差点days』は綾瀬はるかにというより

一青窈が綾瀬はるか世代の女子を意識し過ぎて書いたように思えて

なんか違和感を当時感じた。

もっと一青窈自身の世界で作ってもよかったんじゃないかな。



で、『ピリオド』同様 『交差点days』にも初回盤にショートフィルムが附属されています。




キャプチャka


未だにホームページが健在なのがうれしい。



キャプチャk1
キャプチャk5


桃のように新鮮でムチムチな綾瀬はるかが堪能できます(笑)。


キャプチャk6



2016/08/07 21:39 綾瀬はるか TB(0) CM(0)
キャプチャf1



綾瀬はるかのライフワークにして 不定期ミニミニプログラム

ふくしまに恋して❤』は

俺の知らない間に いわき市に移動。

明日の午後2時54分から『水族館の未来を探る編』が放送されます。


探ると言っても1分間ですので(笑)。



2016/08/04 21:37 綾瀬はるか TB(0) CM(0)
キャプチャha2



長い梅雨も明けて、8月になりました。

忘れられない花火の話をします。



もう30年も前の夏のことです。


その年の秋に結婚式を控えた俺は

歳を取り過ぎて式に来られない山形の親戚の家々に

妻を連れて挨拶に出掛けました。


夜明け前に蔵王に登り朝日を浴びて

幻想的な火山湖の御釜を拝み

修行のような山寺の階段を登りきり

最上川を下って 親戚の農家をまわりました。


世田谷育ちの妻は意外にも そんな田舎の空気と食べ物が気に入って

帰り際、どうしても地元の温泉で1泊したいと強請ってきました。

急だったので 有名どころはどこも満室で

親戚があちこち掛け合って取ってくれた旅館はかなり山奥の温泉でした。


夕方近く、心細い橋を渡ると 古い小学校のような佇まいの旅館が見えてきました。

目の前の河原では 何やらお祭りの用意なのか

かなり大勢の人が忙しく行き来していました。



『団体さんのキャンセルが入って 大部屋が開いていますので』


通された部屋は2階で 宴会場のような大広間でした。


『暗くなったら花火大会が始まりますので お先にお風呂の方へ』


染物を漬けるような形のお風呂は見た目よりも快適でした。

風呂から上がり 大部屋に戻り 強度が心配な木製の窓枠に腰掛けると

けたたましいスピーカーのハウリングの音が。


『わあ、始まるんだ!』


同じ窓枠に向かい合わせのように座った妻が目を輝かせてつぶやきました。



ドン!ドン!ドン!



主催者らしき挨拶が終わると 景気づけのように花火が上がりました。

向こう岸から打ち上げられた花火は 夜空にくっきりと色鮮やかな花を咲かせます。


あんなに近くから花火を見たことがなかったし

同じ窓枠にふたりで坐っているので

その重さで落っこちないかという不安と言うか吊り橋効果と言うか

いろいろドキドキでした。


『なんかおもしろいね』

『なにが?』

『打ち上げる前に いちいち能書きのアナウンスがあるでしょ』

『そうだね。きっと、ひとつひとつスポンサーが付いてるんだよ』


それは 亡くなった先祖への供養だったり 村に来た嫁さんを歓迎するメッセージだったり

商店の宣伝だったり。


『山形って楽しいね。』


妻の頬に 花火の照り返しが映った。

それはいつもとは違う 幼い横顔だった。

この無邪気さを守って行けるのか

俺は改めて 結婚する重さを知ったのだ。



『今度来るときは 私の花火のスポンサーになってよ。』

『う…………』

俺は咄嗟に漂って来た花火の煙と火薬の匂いにむせたふりをした。




それから3年後には長男が生まれ

それから2年後には次男が生まれ

アパートを2回移り住んだが

それから8年後には 今の家を建てた。


順調すぎるほど順調だった。

が、俺は 40歳前に2度大きな手術をするはめになった。

仕事的にも金銭的にも それから辛い期間が続いた。

何とか乗り越えてきたのは妻の頑張りのお蔭だと素直に思う。



5年前のことだ。


『鎖骨の下にできものが出来たみたいで…』

妻がしきりにそのしこりを気にするようになっていた。


歳を取ればいろんなところに油がたまったりするんだよと

俺は適当に応えてた。

『鎖骨の下だし 乳がんなんてことは絶対ないよ』と。


乳がんだった。


入院は3日。

摘出手術は順調に終わったが

医者からは


『細胞を調べてみたら 大まかに3段階あるとして 1番やっかいな細胞です』

と告げられた。



すぐに 仕事に復帰もできましたが

むしろそのあとの予防治療が大変でした。


放射線、抗がん剤、そして最新薬


それぞれ何セットか行い

当然髪の毛も抜けました。


男が思っている以上に女性の髪の毛は大事なもので

妻はずっと 電気を消して風呂に入っていました。

行きつけの美容室から貰ったかつらは いかにもという感じなので

帽子の方がいいと思っていましたが

やっぱり髪の毛にこだわっていたようです。





その夏 俺たちは 久しぶりにあの花火を観に行くことにした。

もちろん 小遣いをはたいて花火のスポンサーにもなった。


あのとき泊まった古い旅館は もっと古い旅館になっていた。

流石に内装は新しくなっていたが(笑)。


アルミサッシになった窓枠にあのときと同じように向かい合って座った。


怒涛のように打ち上がる花火。


ハートマーク 花模様 ピースマーク パームツリー


『役物の花火ってさ、狙って正面に上げるのが難しいらしいよ。』

聴こえていないのか返事はなかった。



そしていよいよ俺の花火の番になった。




『昔、偶然ここの花火を妻と観に来て いつかはもう一度ふたりで来ようと約束していました。』 


ハウリ気味の若い女性のアナウンスを聴いて 妻が気づいたようです。



『忘れてなかったんだね!』

『もちろん!』



若い女性アナウンスは続けます。

『約束してましたが 妻はこの春に懸命な治療も叶わず他界しました。』 



観客が静寂する。



それまで子供のようにはしゃいでいた妻の笑顔が凍った。


『わたし…』

『うん…』


俺は、そう応えるだけで精一杯だった。


『ごめん… ありがと…』



ドン!ドン!ドン!



そのあとの言葉は花火の音にかき消された。


続けざまに 色鮮やかな花火が打ち上がる


窓枠にもう妻はいなかった。



花火の煙が河を越え風に舞ってこちらに流れてくる。


それは確かに 気高く甘い妻の香りだった。








(筆が滑りましたが、実際の妻はもちろん健在です。)

2016/08/01 18:09 雑感 TB(0) CM(0)
マーガレット

カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
検索フォーム