bg_jk.gif
FC2ブログ
女優・綾瀬はるかをゆる~く傍観していきます。
プロフィール

虎馬

Author:虎馬

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
418位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
124位
アクセスランキングを見る>>
2020年10月
 
2020/09 2020/10 2020/11
キャプチャte



時を戻そう。


ぺこぱが旬なうちに よくぞ公開になった『TENET』を観てきました~


監督はクリストファー・ノーラン

『インターステラー』が2時間49分という案外の長編でしたが

『TENET』も2時間30分。なかなかの力作です。

『SPEC』のハリウッド版かなという先入観もありましたが

ストーリーもスケールも桁違いでした。


タイトルの『TENET』とは 辞書を引くと「主義」とか「信条」という意味でなるほどなんですけど

綴りをよく見ると「TEN」の回文にもなっていて これがクライマックスの10分間の時間の挟み撃ち作戦ともリンクしていて

なかなか考えてあるタイトルだと言うことが分かります。


主人公はデンゼル・ワシントンのご子息のジョン・デビット・ワシントン。

謎めいた相棒ロバート・パティンソンのチャラさが兼近~

ヒロインのエリザベス・デビッキがデカくて180はあるなと思ったら公称190センチ!


映画は最初のオペラハウスから緊張の連続で 一瞬たりとも目を離すと置いてけぼりにされそうなスピード感です。

前評判の通り 1回の鑑賞だけではその世界観を完全には理解できなかった。

回想シーンがたくさん割り込んでくるストーリーは時系列を整理して考えることが出来ますが

この映画は時間が逆行するだけじゃなく、正常の時間の流れと交わったり、もうそれは複雑怪奇

「理解しようとしないで。感じるのよ!」

それは鑑賞者にも投げかけられた台詞のようにも聞こえました。


『インターステラー』では未来の地球が砂漠化して他の惑星に移り住もうという話でしたが

この『TENET』では未来人が過去に活路を見い出そうとします。

そしてまた二つの映画を比較しちゃいますが

『インターステラー』で娘の部屋の本棚から本を落とし謎をかけたのは自分であることがわかりますが

『TENET』も結局そういうことです。

「起きたことは仕方がない」 すべては自分が選んだことだったんです。



黄昏に生きる。宵に友なし。



是非!








2020/10/05 22:41 映画 TB(0) CM(2)
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSSリンク
Twitter
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
検索フォーム