bg_jk.gif
女優・綾瀬はるかをゆる~く傍観していきます。
プロフィール

虎馬FC2

Author:虎馬FC2

FC2カウンター
ツイッター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
キャプチャr6



映画『リアル~完全なる首長竜の日~』を観てきた。


この日、たいていは一緒に観に来る妻はいなかった。

それは、映画『ホタルノヒカリ』を観た帰り あまりのつまんなさに

「しばらく綾ちゃんの映画は行かないから…」とダメ出しされしまったからだ。


『ひみつのアッコちゃん』そして『リアル』。

妻の判断は正しかった。



キャプチャr



原作とかなり違うのは予告編を見てわかってた。

原作で興味を惹いた『胡蝶の夢』や『バナナフィッシュにうってつけの日』の引用の話もなかったし

自殺未遂の原因が連載していた漫画「ROOMI」と連動しているのかと思ったら

ただのアナグラムのみ。


その漫画に描かれてる死体が映像にも現れ

気分を悪くしただろう女性の観客が数人離脱していった。


綾瀬はるかは 虚像、意識下、現実の淳美を演じ分けたとは思えない。

その切り替えが どんでん返しの肝でもあるのに。




キャプチャr4




綾瀬はるかと佐藤健に恋愛は感じられない。

姉弟みたい。

きっとふたりは原作を読んで それが無意識に演技に現れているのかも。


その原作の面白いところは 敦美が事実を受け入れられず

彼女の意識が作った似て非なる仮想現実・物語が展開していくところ。

そして、読み進んでいくほど、それが現実なのか架空の世界なのかわからなくなる不安感。

映画はその描写を断念して 漫画家 センシング 島… いくつかの材料だけを使い

まったく別の作品になってしまっている。

ホラー感が強い監督のオリジナルと言ってもいいんじゃないのか。


そして一番ホラーなのは中谷美紀かも。

夜な夜な意識昏睡している患者の部屋を訪れ会話ができるなら

センシングなんていらないんじゃ?


患者が心肺停止し 死亡時間の宣言をされてからセンシングするのもどうなのかな。



キャプチャr1



そもそも 肝心の首長竜の解釈の仕方が幼すぎないか。

首長竜の描写は 敦美や浩市ではなくモリオの意識下のようだ。

もう少し島での子供時代の映像が欲しかった。





キャプチャr3



俺が見落としたのか うたい文句の「衝撃のラスト」もなかった。


とにかくもうひと捻りふた捻りも欲しかった。

ハッピーエンドのふたりの背後でペンが浮くとか。



キャプチャr5
2013/06/03 10:37 綾瀬はるか TB(0) CM(4)
コメント
ちゅーことは
虎兄さん的にはお勧めできないってことですか??

ウチの小学生の息子が恐竜が好きなので見たがってたのですが
内容的に難解そーだし、やめた方がいいみたいですね(^_^;)
2013/06/03 18:12 canstyle URL [ 編集 ]
canstyleさん
本文に書いたようにホラーの部分

具体的には漫画に出てくる死体やゾンビが何度も出てくるんですよ。

『回路』とかこの監督の作品の特徴ご存知ですよね?

ですから、お子さんにはちょっと辛いかもしれません。

首長竜が出てくるのは後の方のですし、これ目当てで観る映画でもないと思います。

お子さんがかなりの綾瀬はるかか佐藤健のファンでない限り(笑)
2013/06/03 19:32 虎馬FC2 URL [ 編集 ]
虎馬さん
こんばんは!ご無沙汰してます。

>妻の判断は正しかった。

さすがです。正解でしょう。

私も頑張って観てきましたよ、もちろん一人で(笑)
2席空いた横に これまた一人で観に来てるおじさんがいて、
虎馬さんかも?…なんちゃって。

原作を読んでませんが、前作2作品は原作が漫画でしたし、
今回は多少は期待できるかなと思いつつも、やはり…でした。

>そもそも 肝心の首長竜の解釈の仕方が幼すぎないか

原作を読んでませんが、そこ~?と思わず言いそうになりましたね。
途中からワンピが可愛いとか違う楽しみを探してました、私。

演じ分けに関しては、作品の良し悪しや好き嫌いは別にして、
考えてみたら『白夜行』の雪穂のときのほうが大人っぽかったり、
悪かったり感じさせてくれた気がします。
2013/06/04 02:19 キャサリン URL [ 編集 ]
キャサリンさん
おはようございます。


>2席空いた横に これまた一人で観に来てるおじさんがいて


ええ、そのおじさんとなんら変わらぬおじさんですから(笑)


>今回は多少は期待できるかなと思いつつも、やはり…でした。


原作は漫画家としての生活が最初からかなりリアルに描かれており見事に騙されました。

夢の中で蝶になって自分を見ていたが 夢から覚めても果たしてこれが現実なのか それとも夢が現実なのかと言う『胡蝶の夢』のたとえがあり
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%83%A1%E8%9D%B6%E3%81%AE%E5%A4%A2
読んでいう方はずっとそれに支配されていくんです。

そういうゆらゆらした不安感ではなくて 映画は見た目のグロさに逃げたような感じですよね。


>原作を読んでませんが、そこ~?と思わず言いそうになりましたね。


首長竜=プレシオサウルスは敦美が下書きをして浩市がクレヨンで色付をした完全なる姉弟の作品、想い出なんです。

センシングしているように自分に思い込ませた弟は幼い日に海に流されたとなっていますが
もしかしたら敦美が殺めてしまったのではないかとも推測させる そういうね なんか奥の深いものが映画には表現されていませんでしたよね。
2013/06/04 07:09 虎馬FC2 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://gateofpromisedland.blog.fc2.com/tb.php/100-c65e1b1a
マーガレット

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
検索フォーム