bg_jk.gif
FC2ブログ
女優・綾瀬はるかをゆる~く傍観していきます。
プロフィール

虎馬FC2

Author:虎馬FC2

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
221位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
63位
アクセスランキングを見る>>
キャプチャni


最近まで流れていたカップヌードルのCMで、

『好き』という言葉を欲しがる男子が出てきますが

ひろPOPさんが、これは『薄れゆく記憶のなかで』のシーンに影響を受けているのではないかという話を

ちょっと前にしてくれました。



キャプチャus0


ブタネコさんから戴いたDVDから、何枚かキャプチャしてみます。


キャプチャus2


喧嘩と仲直りを繰り返しながらも魅かれ合う和彦と香織は

星祭りの日、長良川にかかる忠節橋で花火を浴びながら歩いていた。


キャプチャus2-1


『ほんとのことを言うとね、私、鷲見くんのこと 1年のときから好きやった。

ずっと、ずっと好きやったんよ。知らんかった?』



『そ、そやったんか』


『まさか こんなんなるとは思わんかった。』


キャプチャus4


『なんや、暗い顔してからに』

『だって 鷲見くん なんも言ってくれんし』

『なんもって?』

『好きとか…』

『アホ!そんなん言えるか!』


キャプチャus5


『言ってくれんと…』

『そんなん、言え言われて言えるもんとちゃうで!』

『いやや!もし、そう思ってるんやったら、ちゃんと言って!』

『おまえが言ったら、言ったるわ』


キャプチャus7


『…好きよ。』


『ん?聞こえん』


キャプチャus8


『好きや!はよ言って!』



キャプチャus9


『ス・キ・ヤ・キ』


キャプチャus10


『なによ!もう~。いじわる!』



キャプと台詞打ち込んでて さすがに恥ずかしくなりましたが…(笑)。

こっちは カップヌードルのCMとは逆に 女子が欲しがってはいますが

橋の上で周りが見えない二人の世界…

やっぱり、似てます(笑)。



我田引水と言われそうですが

『好き』を欲しがるシーンは

ドラマ版の『世界の中心で、愛をさけぶ』にもあります!



キャプチャs0


ドラマのファンはすぐにピンときちゃったと思いますが…

第7話で、亜紀が一時退院をして登校した日

朔太郎と授業を抜け出して あの場所でのシーンです。


キャプチャs1


何度見てもいい腰つきです(笑)。


キャプチャs2
キャプチャs3
キャプチャs4
キャプチャs5
キャプチャs7
キャプチャs8
キャプチャs9
キャプチャs10
キャプチャs12
キャプチャs13
キャプチャs14
キャプチャs15
キャプチャs16
キャプチャs17
キャプチャs18
キャプチャs19
キャプチャs20
キャプチャs21
キャプチャs23
キャプチャ24
キャプチャano



アオハルかよ。



2018/03/26 22:37 CM TB(0) CM(6)
コメント
こんばんは。
虎馬さん、こんばんは。
いつもお世話になります。
よろしくお願い致します。

>最近まで流れていたカップヌードルのCMで、

『好き』という言葉を欲しがる男子が出てきますが

ひろPOPさんが、これは『薄れゆく記憶のなかで』のシーンに影響を受けているのではないかという話を

ちょっと前にしてくれました。

お忙しい中、ご丁寧に、わざわざ、記事にして下さって、誠にありがとうございます。
素敵な写真と記事をアップして下さって、感謝致します。
こうやって、三作品を比較して、見てみると、確かに、似ていますよね。
三作品共、周りが見えないの場所で、二人だけの世界観に浸っている所に共通点を感じますね。
 
>ブタネコさんから戴いたDVDから、何枚かキャプチャしてみます。

喧嘩と仲直りを繰り返しながらも魅かれ合う和彦と香織は

星祭りの日、長良川にかかる忠節橋で花火を浴びながら歩いていた。

『ほんとのことを言うとね、私、鷲見くんのこと 1年のときから好きやった。

ずっと、ずっと好きやったんよ。知らんかった?』
『そ、そやったんか』
『まさか こんなんなるとは思わんかった。』

『なんや、暗い顔してからに』

『だって 鷲見くん なんも言ってくれんし』

『なんもって?』

『好きとか…』

『アホ!そんなん言えるか!』

『言ってくれんと…』

『そんなん、言え言われて言えるもんとちゃうで!』

『いやや!もし、そう思ってるんやったら、ちゃんと言って!』

『おまえが言ったら、言ったるわ』

『…好きよ。』

『ん?聞こえん』

『好きや!はよ言って!』


『ス・キ・ヤ・キ』

『なによ!もう~。いじわる!』

名場面、ありがとうございます。
「薄れゆく記憶のなかで」は、名場面満載なので、どの場面も、いいので、一番好きな場面を挙げるのが難しいですよね。
でも、「ス・キ・ヤ・キ」は、印象的でしたね。
セリフが、少し、関西弁っぽいところも好きですね。
このシーンの香織と和彦のセリフのやり取りは、見ていて、照れくさいんだけれど、初々しくて、本当に、いいですね^^
何度、見ても、何度、聞いても、微笑ましくて、グッと来ますね♪
「エルネム」のぶっちーのラジオドラマ(妄想ぶっちー)への投稿は、衝撃のラストとどのシーンを切り取って、繋ぎあわせようか?迷いましたが、「ス・キ・ヤ・キ」を思い出して、「そうだ、これで行こう!」って思って、このシーンを選んだら、偶然にも、「ス・キ・ヤ・キ」が、ラストの田淵橋での愛の告白への伏線となり、上手い具合に、繋がりました♪

>キャプと台詞打ち込んでて さすがに恥ずかしくなりましたが…(笑)。

こっちは カップヌードルのCMとは逆に 女子が欲しがってはいますが

橋の上で周りが見えない二人の世界…

やっぱり、似てます(笑)。

逆パターンで、アレンジは施されていますが、似ていますね。
カップヌードルのCMなんて、地球に危機が迫っているのに、そんなのお構いなしですからね^^
完全に二人だけの世界に浸っていますね。
このCMが、果たして、「薄れゆく記憶のなかで」に影響を受けて、制作されたものなのか?それとも、偶然なのか?果たして・・・。
真相が気になりますね。

>我田引水と言われそうですが

『好き』を欲しがるシーンは

ドラマ版の『世界の中心で、愛をさけぶ』にもあります!

ドラマのファンはすぐにピンときちゃったと思いますが…

第7話で、亜紀が一時退院をして登校した日

朔太郎と授業を抜け出して あの場所でのシーンです。

何度見てもいい腰つきです(笑)。

アオハルかよ。


「世界の中心で、愛をさけぶ」は、劇場版は、見たことがあるのですが、お恥ずかしながら、ドラマ版は、まだ、見たことがなくて、こんな素敵なシーンがあるとは、実に素晴らしいですね。
ご紹介ありがとうございます。
このシーンも、周りには誰も居ない二人だけの世界に浸って居て、グッと来ますね♪

虎馬さんと僕の好きな作品のワンシーンが、偶然にも、似ていて、繋がって、凄い運命を感じてしまいます^^
これは奇跡的で、正に、ミラクルですよね♪
締めの言葉の「アオハルかよ。」も、上手いですね♪

繰り返しになりますが、今回は、本当に良い記事をありがとうございます。
また、今後、新たな発見があるかもしれませんね♪
そのときは、また、よろしくお願い致します♪

それでは、失礼致します。
2018/03/27 03:07 ひろPOP URL [ 編集 ]
ひろPOPさん

忘れないうちに書いておきます。

『ブタネコファンに告ぐ!』の項のやじさんのコメントをご覧下さい。

例の菊池麻衣子ファンのホームページの復元方法を教えてくれています。

スマホよりパソコンで検索した方がいいでしょう。

円グラフをクリックすると記事が出て来ました!



> お忙しい中、ご丁寧に、わざわざ、記事にして下さって、誠にありがとうございます。
> 素敵な写真と記事をアップして下さって、感謝致します。


少しずつキャプチャしたり、考えていたんですけど
なかなかまとまらなくて
結局ストレートに台詞を文字起こししました(笑)。


> こうやって、三作品を比較して、見てみると、確かに、似ていますよね。
> 三作品共、周りが見えないの場所で、二人だけの世界観に浸っている所に共通点を感じますね。


言っちゃわるいですけど
どれも結局バカップルですよね(笑)。




> 名場面、ありがとうございます。
> 「薄れゆく記憶のなかで」は、名場面満載なので、どの場面も、いいので、一番好きな場面を挙げるのが難しいですよね。


バイト先に訪ねて来ての2ケツで、もらった金魚を眺める菊池麻衣子の可愛さは演技とは思えないくらい自然でした。

しかし、何と言ってもタイムカプセルで埋めた手紙を掘り起こして読むシーンが1番衝撃的でした。
なんかすみませんと俺が謝りたくなりました(笑)。


> でも、「ス・キ・ヤ・キ」は、印象的でしたね。
> セリフが、少し、関西弁っぽいところも好きですね。
> このシーンの香織と和彦のセリフのやり取りは、見ていて、照れくさいんだけれど、初々しくて、本当に、いいですね^^
> 何度、見ても、何度、聞いても、微笑ましくて、グッと来ますね♪


このシーンがいいと思うのは、ここが頂点であるからでしょうね~


> 「エルネム」のぶっちーのラジオドラマ(妄想ぶっちー)への投稿は、衝撃のラストとどのシーンを切り取って、繋ぎあわせようか?迷いましたが、「ス・キ・ヤ・キ」を思い出して、「そうだ、これで行こう!」って思って、このシーンを選んだら、偶然にも、「ス・キ・ヤ・キ」が、ラストの田淵橋での愛の告白への伏線となり、上手い具合に、繋がりました♪


名作でした(笑)。




> 「世界の中心で、愛をさけぶ」は、劇場版は、見たことがあるのですが、お恥ずかしながら、ドラマ版は、まだ、見たことがなくて、こんな素敵なシーンがあるとは、実に素晴らしいですね。


騙されたと思って1巻だけでもいいですから
ドラマ版も観てください(笑)。


> ご紹介ありがとうございます。
> このシーンも、周りには誰も居ない二人だけの世界に浸って居て、グッと来ますね♪
>
> 虎馬さんと僕の好きな作品のワンシーンが、偶然にも、似ていて、繋がって、凄い運命を感じてしまいます^^
> これは奇跡的で、正に、ミラクルですよね♪
> 締めの言葉の「アオハルかよ。」も、上手いですね♪


同じ映画に共感して知り合うことになったんですから
繋がっていて当然です。


>
> 繰り返しになりますが、今回は、本当に良い記事をありがとうございます。
> また、今後、新たな発見があるかもしれませんね♪
> そのときは、また、よろしくお願い致します♪
>

こちらこそ(笑)。


2018/03/29 08:00 虎馬 URL [ 編集 ]
こんばんは。
虎馬さん、こんばんは。
ご返信ありがとうございます。
無事に菊池麻衣子さんのファンサイトを見ることが出来ました。
情報を提供して下さった、やじさんにも、感謝致しております。
ありがとうございます。

>忘れないうちに書いておきます。

『ブタネコファンに告ぐ!』の項のやじさんのコメントをご覧下さい。

例の菊池麻衣子ファンのホームページの復元方法を教えてくれています。

スマホよりパソコンで検索した方がいいでしょう。

円グラフをクリックすると記事が出て来ました!

見ました。
いや~、懐かしいですね♪
久しぶりに、菊池麻衣子さんのファンサイトを見て、改めて、知識や情報量の多さに驚いています。
ここまで、「薄れゆく記憶のなかで」に関して、詳しく、書かれた、サイトは、多分、他には、ないでしょうね。
他の方のブログで、知り合った、お名前(ハンドルネーム)も、発見して、オフ会も、開かれたみたいですね。
「薄れゆく記憶のなか」と同じく、劇場公開時、「シーズ・レイン」や「リストラ代紋 史上最強の公務員」まで、紹介されていて、本当に、幅広いなあ~って、感心しました。
また、何度も、じっくりと読みたいと思います♪

>バイト先に訪ねて来ての2ケツで、もらった金魚を眺める菊池麻衣子の可愛さは演技とは思えないくらい自然でした。

「来ちゃった。」のシーンですね。
あのシーンでの菊池麻衣子さんの演技は、自然体で、本当に、可愛くて、良かったですね。

>しかし、何と言ってもタイムカプセルで埋めた手紙を掘り起こして読むシーンが1番衝撃的でした。
なんかすみませんと俺が謝りたくなりました(笑)。

史節橋での衝撃のラスト手前のシーンですよね。
あのシーンは、香織が和彦のことをどれだけ思っていたのかと考えると、余計に、切なくて、泣けてくるんですよね。


>このシーンがいいと思うのは、ここが頂点であるからでしょうね~

「ス・キ・ヤ・キ」は、名セリフ、名シーンですよね♪
微笑ましい照れ隠しですね♪

>名作でした(笑)。

ありがとうございます♪


>騙されたと思って1巻だけでもいいですから
ドラマ版も観てください(笑)。

了解致しました^^
探してみます。
ご紹介ありがとうございます。

>同じ映画に共感して知り合うことになったんですから
繋がっていて当然です。

仰るとおりですね。
ありがとうございます。

>こちらこそ(笑)。

新作、旧作問わず、また、何かの作品で、共感出来て、語り合えれば、良いですね♪

それでは、失礼致します。
2018/03/29 21:21 ひろPOP URL [ 編集 ]
ひろPOPさん
> 無事に菊池麻衣子さんのファンサイトを見ることが出来ました。

よかったですね~

> 情報を提供して下さった、やじさんにも、感謝致しております。
> ありがとうございます。

やじさん様々ですよね。

もう、足を向けて眠れませんが
どちらにお住まいかわかりませんので
当分は足を天井に向けて寝ようかと思って
ます(笑)。


> 見ました。
> いや~、懐かしいですね♪
> 久しぶりに、菊池麻衣子さんのファンサイトを見て、改めて、知識や情報量の多さに驚いています。
> ここまで、「薄れゆく記憶のなかで」に関して、詳しく、書かれた、サイトは、多分、他には、ないでしょうね。
> 他の方のブログで、知り合った、お名前(ハンドルネーム)も、発見して、オフ会も、開かれたみたいですね。
> 「薄れゆく記憶のなか」と同じく、劇場公開時、「シーズ・レイン」や「リストラ代紋 史上最強の公務員」まで、紹介されていて、本当に、幅広いなあ~って、感心しました。
> また、何度も、じっくりと読みたいと思います♪


ブログというよりホームページ的サイトですね。



> >バイト先に訪ねて来ての2ケツで、もらった金魚を眺める菊池麻衣子の可愛さは演技とは思えないくらい自然でした。
>
> 「来ちゃった。」のシーンですね。
> あのシーンでの菊池麻衣子さんの演技は、自然体で、本当に、可愛くて、良かったですね。

チャリの相乗りは青春映画に欠かせないアイテムですね。


> >しかし、何と言ってもタイムカプセルで埋めた手紙を掘り起こして読むシーンが1番衝撃的でした。
> なんかすみませんと俺が謝りたくなりました(笑)。
>
> 史節橋での衝撃のラスト手前のシーンですよね。
> あのシーンは、香織が和彦のことをどれだけ思っていたのかと考えると、余計に、切なくて、泣けてくるんですよね。

香織が勉強したいと言っていた大学の前でたこ焼きやってる和彦に泣けましたが
大嫌いだと言っていた父親と同じ口調になっていたのには笑いました。


> >このシーンがいいと思うのは、ここが頂点であるからでしょうね~
>
> 「ス・キ・ヤ・キ」は、名セリフ、名シーンですよね♪
> 微笑ましい照れ隠しですね♪


CMだったかどうか思い出せないんですが
同じようなシーンで『スキヤキのヤキを取ったやつだよ。』っていう往生際が悪い台詞を確かに見たことあるんですが…
頑張って思い出してみます(笑)。



> >名作でした(笑)。


妄想ラジオがどこかで再開されるといいですね(笑)。



> >騙されたと思って1巻だけでもいいですから
> ドラマ版も観てください(笑)。
>
> 了解致しました^^
> 探してみます。
> ご紹介ありがとうございます。


是非。



> >同じ映画に共感して知り合うことになったんですから
> 繋がっていて当然です。
>
> 仰るとおりですね。
> ありがとうございます。


現実には会わない同士が
大好きな映画やドラマについて話し合えるのが
インターネットの醍醐味です。

何回も書きましたが
ブログをやっていなければ
『見え空』を観た人と語り合えなかったろうし
『薄れゆく』も観ることはなかったでしょう。



2018/03/31 06:04 虎馬 URL [ 編集 ]
こんばんは。
虎馬さん、こんばんは。
ご返信ありがとうございます。
よろしくお願い致します。

>ブログというよりホームページ的サイトですね。

虎馬さんにお伺いしたのですが、
Internet Archiveで、菊池麻衣子さんのファンサイトが見れることを、他の管理人さんが運営されているサイトやブログで、紹介させて頂いても、宜しいでしょうか?
「薄れゆく記憶のなかで」のファンの方に、沢山、見てもらいたいので、許可を頂けましたら、幸いに思います。
 
>チャリの相乗りは青春映画に欠かせないアイテムですね。

僕、香織が、和彦のアルバイト先のたこ焼き屋さんに遊びに来るシーン(来ちゃった。)と勘違いしていました。
大変失礼致しました。
自転車の相乗りで、初デートの場所、海にするか?山にするか?問いかけるシーンですね。
あのシーンのセリフにも、後半からの怒涛の展開への伏線が隠されていますよね。
僕も、あのときの香織の金魚を見つめる自然体の演技にグッと来ました♪
確か、菊池麻衣子さんが出演された、「夏ノ日、君ノ声」にも、自転車の二人乗りのシーンがありましたね。
本当に、青春映画には、欠かせないアイテムですよね。

>妄想ラジオがどこかで再開されるといいですね(笑)。

それから、番組改編期で、FM802も、番組が終了したり、担当のラジオDJさんが変わったり、新番組がスタートしようとしたりと、色々とサプライズの多い時期ですが、ぶっちーのツイッターを読む限りでは、今の所、まだ、動き(ラジオDJとしてのお仕事。)がなさそうですね。
FM OH!(FM 大阪)やAMラジオでも、良いので、何処かのラジオ局で、また、妄想劇場、復活してほしいですね♪

>現実には会わない同士が
大好きな映画やドラマについて話し合えるのが
インターネットの醍醐味です。

インターネットって、好きな映画やドラマのことを検索すれば、自分の興味のあることを語り合える人とピンポイントで出会えるところに、魅力を感じます。

>何回も書きましたが
ブログをやっていなければ
『見え空』を観た人と語り合えなかったろうし
『薄れゆく』も観ることはなかったでしょう。


「見えないほどの遠くの空」を検索して、大阪だいさんのブログにた辿り着き、そして、レビューに書かれていた、虎馬さんのブログにジャンプして、辿り着けましたからね♪
そして、それがきっかけで、「薄れゆく記憶のなかで」に関して、盛り上がれて、とても幸せに感じますね。
まだ、インターネットが、普及していなかった時代だと、考えられないことなので、本当に、便利な時代になりましたね♪

それでは、失礼致します。
2018/04/01 00:43 ひろPOP URL [ 編集 ]
ひろPOPさん
> 虎馬さん、こんばんは。

> 虎馬さんにお伺いしたのですが、
> Internet Archiveで、菊池麻衣子さんのファンサイトが見れることを、他の管理人さんが運営されているサイトやブログで、紹介させて頂いても、宜しいでしょうか?

> 「薄れゆく記憶のなかで」のファンの方に、沢山、見てもらいたいので、許可を頂けましたら、幸いに思います。


もちろんです。

そもそも俺の許可なんか要りません(笑)。



> >チャリの相乗りは青春映画に欠かせないアイテムですね。
>
> 僕、香織が、和彦のアルバイト先のたこ焼き屋さんに遊びに来るシーン(来ちゃった。)と勘違いしていました。
> 大変失礼致しました。

いやいや間違いではないですよ。
バイト先に来た帰りに相乗りするわけですから。


> 自転車の相乗りで、初デートの場所、海にするか?山にするか?問いかけるシーンですね。
> あのシーンのセリフにも、後半からの怒涛の展開への伏線が隠されていますよね。


強烈に海を拒否したり
プールを見学していたり
弟に『化け物』と呼ばれたり
下校時の川や展望台での和彦との会話でも
まったく香織の秘密に気がつかなかったことを
本当に香織に謝りたいです(笑)。



> 僕も、あのときの香織の金魚を見つめる自然体の演技にグッと来ました♪
> 確か、菊池麻衣子さんが出演された、「夏ノ日、君ノ声」にも、自転車の二人乗りのシーンがありましたね。
> 本当に、青春映画には、欠かせないアイテムですよね。


もちろん、ドラマ版のセカチューにもありますよ(笑)。


> >妄想ラジオがどこかで再開されるといいですね(笑)。
>
> それから、番組改編期で、FM802も、番組が終了したり、担当のラジオDJさんが変わったり、新番組がスタートしようとしたりと、色々とサプライズの多い時期ですが、ぶっちーのツイッターを読む限りでは、今の所、まだ、動き(ラジオDJとしてのお仕事。)がなさそうですね。
> FM OH!(FM 大阪)やAMラジオでも、良いので、何処かのラジオ局で、また、妄想劇場、復活してほしいですね♪


俺もradikoプレミアムはまだ解約しないまま待ってますから(笑)。


> >現実には会わない同士が
> 大好きな映画やドラマについて話し合えるのが
> インターネットの醍醐味です。
>
> インターネットって、好きな映画やドラマのことを検索すれば、自分の興味のあることを語り合える人とピンポイントで出会えるところに、魅力を感じます。
>
> >何回も書きましたが
> ブログをやっていなければ
> 『見え空』を観た人と語り合えなかったろうし
> 『薄れゆく』も観ることはなかったでしょう。
>
>
> 「見えないほどの遠くの空」を検索して、大阪だいさんのブログにた辿り着き、そして、レビューに書かれていた、虎馬さんのブログにジャンプして、辿り着けましたからね♪
> そして、それがきっかけで、「薄れゆく記憶のなかで」に関して、盛り上がれて、とても幸せに感じますね。
> まだ、インターネットが、普及していなかった時代だと、考えられないことなので、本当に、便利な時代になりましたね♪


薄れゆくのラストシーンの解釈は、やっぱりずっとあれこれ考えちゃいますね。

香織は結局、すべてを思い出す日が来たんではないでしょうか。
はっきりと和彦とのことを思い出して、それを乗り越えて
尚且つ、子どもに『かずくん』と名付けたのなら
和彦にとっても本望だと思うようになりました。



2018/04/02 07:30 虎馬 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://gateofpromisedland.blog.fc2.com/tb.php/1001-17285e59
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
RSSリンク
Twitter
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
検索フォーム