bg_jk.gif
FC2ブログ
女優・綾瀬はるかをゆる~く傍観していきます。
プロフィール

虎馬FC2

Author:虎馬FC2

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
299位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
89位
アクセスランキングを見る>>
キャプチャjs2



ようやく俺の家にも 浜田省吾の新しいDVDが届きました~!

浜田省吾のソフトのパッケージはいつもクオリティが高い。

写真の選定、デザインのセンス、装幀、すべてが丁寧に隙なく作ってくれている。


キャプチャjs1


ライブ映像は 2015年11月2、3日、大阪フェスティバルホールと

2016年12月10、11日、さいたまスーパーアリーナのコンパイル。

選曲は当然、直近のアルバム『Journey of a Songwriter』中心なんですが

俺の大好きな「Edge of the Knife」や「永遠の恋人」のライブ映像が観られるのが嬉しい。

他にアルバム『Home Bound』から「終わりなき疾走」をはじめ4曲がセットリストされているのがこれまた嬉しい。


『Home Bound』が発売された 1980年の秋のある日、俺は横浜ドリームランドにいた。

特設会場で、ラジオ番組でライブ収録する浜田省吾を観に行っていたのだ。

その日は、この年デビューした松田聖子との対バンだったのだが…

待ち時間に会った マネージャーの高橋くんに順番を訊ねたら 『後だよ』と言われもの凄く嫌な予感がしてた。

案の定、松田聖子が掃けると 会場は ほぼお馴染みさんの10人足らずしか残っていなかった。

浜田省吾は町支くんと一緒に卸したBC Richで 「終わりなき疾走」と「東京」を演奏した。

ジェットコースターの絶叫に邪魔されながら。

ちなみに 司会は山田パンダだった(笑)。


その一年前の秋 某女子大での学園祭でゴダイゴと対バンして

同じような屈辱を味わっていた。


あの日の俺に言ってやりたい。

あの日の俺が想像もしなかったことを。


『お前が見つけたソングライターは 彼の歌詞のように ヒットチャート・ナンバーワンを取るんだぞ!』と。 




キャプチャj



路地裏の少年が J・BOYが 旅するソングライターに成長しても

浜田省吾の作る歌のストーリーは変わらない。

浜田省吾の作るラブソングは誠実だ。



キャプチャj1



大好きな 「Edge of the Knife」の映像を貼り付けてみます。


キャプチャj2
キャプチャj3
キャプチャj4
キャプチャj5
キャプチャj6
キャプチャj7
キャプチャj8
キャプチャj9
キャプチャj10
キャプチャj11
キャプチャj12
キャプチャj13
キャプチャj14
キャプチャj15
キャプチャj16
キャプチャj17
キャプチャj18
キャプチャjb


コーラスの竹内宏美ちゃんと中嶋ユキノちゃん。



キャプチャj19
キャプチャj20
キャプチャj21
キャプチャj22
キャプチャj23
キャプチャj24
キャプチャj26
キャプチャj27
キャプチャj28
キャプチャj29
キャプチャj30


前回のライブDVD『The Last Weekend』の特典に 「On the Road」Time Machineというのがあって

その日その日の会場向けにピンポイントで録画した浜田省吾のメッセージを集めた映像があった。

一年前の浜田省吾が未来に送ったフレーズを観て聴いて

俺は一瞬、それが浜田省吾の遺言のようにも思えたんだ。


もう、彼がいつ いなくなっても不思議ではない年齢になりつつある。


だから、これからの作品は 常にこれが最後かもしれないと覚悟しなければならないと思う。



2018/04/27 01:05 浜田省吾 TB(0) CM(14)
コメント
彼も今年の12/29で66歳になりますからね、あと何作アルバムが作れるのかな?

話はゲスの極みみたいで恐縮ですが、彼の遺産相続ってどうなってるんでしょうかね・・・子供いないし・・・おそらく莫大な財産を築いたと思うんで、彼の事だからもう遺言というか、終活プランみたいな事はもう決めてるような気がします。
2018/04/27 03:16 ROAD&SKY URL [ 編集 ]
さすがの虎馬さん!いろいろとご存知で…

"Edge of the Knife"
いいですよね!いちばん「浜省節」が効いてますよね♪

虎馬さんのBlogを見て、もう涙がでそうです(ToT)
浜田氏も齢を重ねて、それでもどんどん精力的にいろんな活動をされているんですけど…私も「最後」のアルバムやライヴを日々、考えます。
彼が作品や表現から退いたら、どうしよう?
いつまでも声量があって私たちファンを、裏切らない姿をいつまで見れるのかな~…
2018/04/27 16:05 はるたろう URL [ 編集 ]
ROAD&SKYさん
> 彼も今年の12/29で66歳になりますからね、あと何作アルバムが作れるのかな?


とにかくアルバムとアルバムのインターバルが長いので、そう考えるとヤバいです(笑)。



> 話はゲスの極みみたいで恐縮ですが、彼の遺産相続ってどうなってるんでしょうかね・・・子供いないし・・・おそらく莫大な財産を築いたと思うんで、彼の事だからもう遺言というか、終活プランみたいな事はもう決めてるような気がします。


奥さんが案外しっかりしてるかも知れませんが

イメージとしてはアムネスティなどに全額寄付でしょうね(笑)。


2018/04/27 18:45 虎馬 URL [ 編集 ]
はるたろうさん
> さすがの虎馬さん!いろいろとご存知で…


ついついセットリストを見ながら思い出すものがあったものですから(笑)。



> "Edge of the Knife"
> いいですよね!いちばん「浜省節」が効いてますよね♪


アルバムの中の1曲として初めて聴いた頃は、そうでもなかったんですが
バラード集としてアルバムタイトルになってから急にはまりました。

浜田省吾の曲って、不思議なことに時間差でツボにはまることが多いんです(笑)。

この曲は特に映像が鮮やかに浮かんできて
懐かしくてやるせなくて。もうたまりません。



> 虎馬さんのBlogを見て、もう涙がでそうです(ToT)
> 浜田氏も齢を重ねて、それでもどんどん精力的にいろんな活動をされているんですけど…私も「最後」のアルバムやライヴを日々、考えます。
> 彼が作品や表現から退いたら、どうしよう?
> いつまでも声量があって私たちファンを、裏切らない姿をいつまで見れるのかな~…


そう考えれば、新譜が出たときの有り難みが違うはずですよ。

今回のライブ版にしても、1曲1曲噛み締めて
大切に聴いて行きましょう。

はるたろうさんのような仲間がいて
俺は心強いです(笑)。



2018/04/27 18:59 虎馬 URL [ 編集 ]
DVD、CDもすべて聴き終え、強く感じたんですけど、彼・・・以前より凄く歌がうまくなったような気がします。単純に録音機器が進化したのかもしれませんが、なんか声に「艶」があるっていうか、円熟してきたかのように思います。虎馬さんはどのように感じられましたか?
2018/04/28 15:24 ROAD&SKY URL [ 編集 ]
ROAD&SKYさん
> DVD、CDもすべて聴き終え、強く感じたんですけど、彼・・・以前より凄く歌がうまくなったような気がします。単純に録音機器が進化したのかもしれませんが、なんか声に「艶」があるっていうか、円熟してきたかのように思います。虎馬さんはどのように感じられましたか?


これだけ長くやってるわけですから
必ず進化はしてますよね!
喉も強くなってるし、強弱のコントロールだって
そりゃプロですもん(笑)。

歌謡曲の歌手にありがちですけど
かってのヒット曲をデフォルメする歌い方
あれだけはやめて欲しいです。

それから機材ももちろん進化してますよね。
KORG系のスタジオに入ったとき
ボーカルのモニタ、返りが凄く気持ちよくて驚いたことがあります。
そこの機材でライブもやったんですけど
自分が上手くなったように錯覚してしまうんです。
そのあとラインからの録音聴いてがっくりきました(笑)。


2018/04/29 07:41 虎馬 URL [ 編集 ]
ファーストインパクト
自分のハマショーとのファーストインパクトは
マイホームタウンでした。

故松宮和彦のラジオの音楽番組で流れていたような?

パワーシャベルで削った 丘の上 いくつもの~♪

何だこの力んだ歌詞を乾いた声で歌い上げてる歌手は?という印象でした。
当時YMOをはじめとするテクノのニューウエイブとは一線を画していたように記憶しています。
あれから35年余り。
フジの月9の主題歌になったり尾崎豊の面倒を見たり
色々あっても未だにハマショーはハマショーなのですね。

他の高齢ミュージシャン(ユーミン小田和正中島みゆき矢沢永吉etc)同様少しでも長く作品を聞いていきたいなぁと思う今日この頃です。
2018/04/29 21:20 やじ URL [ 編集 ]
やじさん
> 自分のハマショーとのファーストインパクトは
> マイホームタウンでした。


うわ!やじさんが浜田省吾の記事にコメントをいれてくれるんて 意外で恐縮です(笑)。



> 故松宮和彦のラジオの音楽番組で流れていたような?
>
> パワーシャベルで削った 丘の上 いくつもの~♪
>
> 何だこの力んだ歌詞を乾いた声で歌い上げてる歌手は?という印象でした。
> 当時YMOをはじめとするテクノのニューウエイブとは一線を画していたように記憶しています。
> あれから35年余り。


この曲が入ったアルバムが1番好きなんですよ。



> フジの月9の主題歌になったり尾崎豊の面倒を見たり
> 色々あっても未だにハマショーはハマショーなのですね。

よくご存知ですね!
月9の主題歌は『BIG BOY BLUES』でした。
B面の『SWEET LITTLE DARLIN´』他、何曲か挿入歌として使われましたが
シングルとしては驚くほど売れませんでした(笑)。



> 他の高齢ミュージシャン(ユーミン小田和正中島みゆき矢沢永吉etc)同様少しでも長く作品を聞いていきたいなぁと思う今日この頃です。


浜田省吾は未だに知名度とソフトの売り上げも実力と見合わないと思ってます。

引き続き応援よろしくお願いします(笑)。


2018/04/30 10:53 虎馬 URL [ 編集 ]
学生時代にはハマショーの思い出が
やじさんに倣って、音楽関係記事に私も!

私にとって一番思い出があるハマショーのアルバムは
「愛の世代の前に」です。
学生時代に怪我で長期入院したのですが、実習で来てた
看護学生さんが貸してくれたこのアルバムのカセットテープをウオークマンで聴いてました。
夜9時に消灯時間がきて、朝までの長い時間ーーーー
なかな治らない身体と将来の不安をハマショーの歌が慰めてくれました。

同い年だった看護学生さんとハマショーは、
私の一番つらかった時代を支えてくれた、忘れられない存在です。
2018/04/30 22:46 森の管理人 URL [ 編集 ]
森の管理人さん
> やじさんに倣って、音楽関係記事に私も!


いや~ 今まで黙っていたなんて人が悪い
森の管理人さんも浜田省吾ファンなんじゃないですか~(笑)。


> 私にとって一番思い出があるハマショーのアルバムは
> 「愛の世代の前に」です。


このアルバムからジャケットやパッケージのデザインのほとんどを浜田省吾の大ファンでもある田島照久が担当するようになるんですが
内容も後にドラマ主題歌としてアレンジを変えてシングルカットした『悲しみは雪のように』とか
(今、気付いたんですが、やじさんが言ってた月9ってこっちだったかも(笑)。)
そのドラマのタイトルにもなる『愛という名のもとに』とか名曲も入って俺のカラオケ率の高いアルバムです。


> 学生時代に怪我で長期入院したのですが、実習で来てた
> 看護学生さんが貸してくれたこのアルバムのカセットテープをウオークマンで聴いてました。
> 夜9時に消灯時間がきて、朝までの長い時間ーーーー
> なかな治らない身体と将来の不安をハマショーの歌が慰めてくれました。


なんかいい思い出ですね!

身体の痛みを通して物を覚える方法ってありますよね。
長期入院してるってことは心の痛みもあるわけで
心身の痛点を使って『愛の世代の前に』を刻みこんだ形になったわけですね(笑)。


> 同い年だった看護学生さんとハマショーは、
> 私の一番つらかった時代を支えてくれた、忘れられない存在です。


当時はまだマイナーだった浜田省吾を紹介したその看護学生さんのセンスはただ者ではありません(笑)。




2018/05/01 00:18 虎馬 URL [ 編集 ]
虎馬さんはthe best of shogo hamada 1~3
は買いましたか?私は1975年からのベスト盤は購入しましたが、この3作は購入しませんでしたが、先日、半額のチケットで3作をレンタルし、コピーして聴きましたが、ほとんどの曲(すべてか?)がリメイクしており、凄く新鮮でした。ボーカルの取り直しもあったし、従来の作品も音のバランスを変えてみたりと丁寧に作品として残すような作品に仕上がっており、凄く時間をかけたベスト盤だと思います。今はこれを車内でよく聴いております(笑)
2018/07/27 21:29 ROAD&SKY URL [ 編集 ]
ROAD&SKYさん
> 虎馬さんはthe best of shogo hamada 1~3
> は買いましたか?


もちろん持ってますよ~


私は1975年からのベスト盤は購入しましたが、


ヒストリーアルバムですよね。
これはすべてオリジナルアレンジなので
なかなか買う気になれなかったんですが
後に音質のいいブルーCDなるものが発売して
それを購入しました。
その後同じ方式のCDの宣伝がまったくないので
どうなってしまったのか(笑)。


この3作は購入しませんでしたが、先日、半額のチケットで3作をレンタルし、コピーして聴きましたが、ほとんどの曲(すべてか?)がリメイクしており、凄く新鮮でした。ボーカルの取り直しもあったし、従来の作品も音のバランスを変えてみたりと丁寧に作品として残すような作品に仕上がっており、凄く時間をかけたベスト盤だと思います。今はこれを車内でよく聴いております(笑)


このベストのシリーズは、山下達郎と同じようにCDというソフトに浜田省吾が疑問を持っていて
やがて近いうちになくなる前にベスト版を作っておこうという発想らしいです。

新しいアレンジは嬉しいんですけど
『家路』は歌詞も含めてオリジナルがいいなあ~と。
『終わりなき疾走』と共に、ルカサーのギターアンサンブルが素晴らしいので変えて欲しくなかった。

ついでに映像ソフトについて。
俺は『マイファーストラブ』のライブ版が一番好きです。
特典映像もかなり充実していて
かなりお買い得な気分です。
『ある晴れた夏の日の午後』のエンディング映像は圧倒的だと思いませんか?
最後のサビで迫って来る数えきれないひまわりにいつも涙が出そうになります。

それにしても浜田省吾はMCが下手くそですね~(笑)。
2018/07/28 20:51 虎馬 URL [ 編集 ]
今日、浜省のメールマガジンが届きました。9月にシングル、「グッド・ナイト・エンジェル」(マインド・スクリーンから)と「ラブ・トレイン」が発売になります。もう予約しちゃいました(笑)
2018/08/03 17:26 ROAD&SKY URL [ 編集 ]
ROAD&SKYさん
> 今日、浜省のメールマガジンが届きました。


俺のところにも来ましたよ~(笑)。


9月にシングル、「グッド・ナイト・エンジェル」(マインド・スクリーンから)


またまた自慢じゃないですけど
グッドナイトエンジェルはレコード化される前のギターのライブアレンジがよかったんですよね
サビでミラーボールが回るんです。ベタですけど。
アルバムのアレンジ聞いて、軽く転けました(笑)。


「ラブ・トレイン」が発売になります。


メールにもありましたけど、唯一の松本隆の作詞作品なんですよね。

レコード会社としてはロックというよりポップな歌手にしたかったんでしょう。



もう予約しちゃいました(笑)


はや!(笑)。


2018/08/03 18:07 虎馬 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://gateofpromisedland.blog.fc2.com/tb.php/1014-a70d8cb9
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RSSリンク
Twitter
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
検索フォーム