bg_jk.gif
FC2ブログ
女優・綾瀬はるかをゆる~く傍観していきます。
プロフィール

虎馬FC2

Author:虎馬FC2

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
315位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
91位
アクセスランキングを見る>>
キャプチャk


地元千葉にも上陸した 噂の映画『カメラを止めるな!』を観て来ました~

レイトショーの駐車場はほぼ満車

俺が好きな 足が伸ばせるなるべく後ろの席もすでに埋まってました(笑)。


面白そうな映画から 観なきゃいけない映画に評判が上昇して

観る俺はハードルマックスだったのに…

映画はそのハードルをはるかに超えて行きいました。


たいしたことがないと言われていた序盤の劇中ゾンビ映画も充分に怖くて

後半どんでん返しがあるとわかっていたのに それも想像をはるかに超えていました。


映画あるある、演劇あるある、スタッフあるあるがユニークに皮肉られていて

映画・舞台が大好きな人は 俺よりも笑えたかもしれないし

俺が観逃したパロディ的なものもたくさんあるんじゃないかと思えた。



前半の微妙にギクシャクしたシーンが後半の前フリ後フリになっているのがたまらない。

もし妻と観に行ってたら 半年くらい『ポン!』をやられていたところだった(笑)。



個人的ツボは いかにも大阪のおばちゃん風の女性プロデューサーと

短パンのヒロインの階段上りを後ろから執拗に追いかけるカメラアングルです(笑)。


全体に低予算で作られているのはわかるし

ピンとくる役者も出ていない。

なのにこんなに面白い映画が作られるなんて衝撃だ。

もしかすると、こういい映画を目指して結局挫折した作品が今までたくさんあったんじゃないかと思っちゃう。

たとえば 達者な役者を使ったために この映画で笑える不器用さぎこちなさが伝えられなかったとか。



観終わった後の爽快感は

製作者の映画や演劇に対する愛が充分に伝わって来たから。

これ大事だよね。

愛だよ愛。


肩車の写真には 迂闊にもホロッとしちゃいました。




2018/08/11 16:50 映画 TB(0) CM(14)
コメント
めちゃくちゃおもしろいですよね、これ。

私もハードルめっちゃ上がってる状態で見たわけですが、見終わってブラボー!って叫びたいくらいの出来でした。

何かここ変、って部分がちゃんと回収されて爽快でした。

本当に失礼ですが、無名の役者さんばかりでどうなんかな?って思ってましたが、やっぱり内容ですよ!
あのキャストだからこその、成功ですよ。
あのイケメン役の人も普通やのに、何かイケメンに見えましたよ(笑)

大阪では今日から上映館が3館になりましたが、Tシャツの販売がなくて残念です。

お盆休み中にもう1回は見てきます!
ポン!
2018/08/11 17:24 リーダー URL [ 編集 ]
リーダーさん
> めちゃくちゃおもしろいですよね、これ。


先に観られて焦りました~
早めに追い付けてほっとしました(笑)。
観た上で話し合いたいですよね!


> 私もハードルめっちゃ上がってる状態で見たわけですが、見終わってブラボー!って叫びたいくらいの出来でした。


どう裏切られるのかあれこれ想像して行きましたが
なんかその角度というかレベルが違いましたね。


> 何かここ変、って部分がちゃんと回収されて爽快でした。


そうそう。間がおかしいというか
変な空気が漂うところがたくさんあって
すべて綺麗に回収されていくのが凄いです。
ちゃんとオチっぽいのもあって笑えますよね。



> 本当に失礼ですが、無名の役者さんばかりでどうなんかな?って思ってましたが、やっぱり内容ですよ!
> あのキャストだからこその、成功ですよ。
> あのイケメン役の人も普通やのに、何かイケメンに見えましたよ(笑)


仰る通りなんですけど
最初に感じたのは、俺が知らないだけで
きっとリーダーさんとかなら普通に知ってる舞台の役者たちなんだろうと。
でも、本当に無名の役者の皆さんだったみたいですね(笑)。



> 大阪では今日から上映館が3館になりましたが、Tシャツの販売がなくて残念です。


お役に立てるかと思ってたんですけど残念です(笑)。



> お盆休み中にもう1回は見てきます!
> ポン!


(笑)(笑)(笑)。



2018/08/11 20:53 虎馬 URL [ 編集 ]
こんばんは。
虎馬さん、こんばんは。
いつもお世話になります。
よろしくお願い致します。

話題の「カメラを止めるな!」をご覧になられたんですね。
映画「カメラを止めるな!」、低予算のインディーズ映画で、尚且つ、無名の監督や出演者の作品ですが、SNSの絶賛、推薦の口コミにより、かなり評判になっていますね。まだまだ、上映映画館の拡大、ロングラン上映も、期待出来ますね♪
僕は、本作を、現時点では、未見なのですが、虎馬さんのレビューを読ませて頂いて、「とても面白そうだなあ~。」って、思いました♪
連日、満席、チケット完売みたいなので、中々、観に行けないかもしれませんが、映画館またはDVDがレンタル開始されたら、どちらかで、鑑賞予定にしています。
ご紹介ありがとうございました♪
とても参考になりました♪


>後半どんでん返しがあるとわかっていたのに それも想像をはるかに超えていました。

おお~、何か仕掛けがありそうですね^^
あっと驚くような、想像をはるかに超える展開に期待しています。

それから、「薄れゆく記憶のなかで」も、もし、劇場公開当時、インターネットやSNSが、普及していたら、口コミにより、大ヒットして、拡大劇場公開されていたかもしれませんね。ちなみに、大阪では、ミニシアターで、一週間限定公開でした。

カメラを止めるな!のように、SNSが普及した今だからこそ、今後も、無名の監督&無名の役者の低予算のインディーズ映画が、口コミにより、注目されることが、有り得そうですね。

それでは、虎馬さん、熱中症には、十分に注意して、暑さ対策は、忘れずに、楽しくて、素敵なお盆休み(大人の夏休み)をお過ごし下さいね♪

失礼致します。
2018/08/11 21:51 ひろPOP URL [ 編集 ]
ひろPOPさん

> 話題の「カメラを止めるな!」をご覧になられたんですね。
> 映画「カメラを止めるな!」、低予算のインディーズ映画で、尚且つ、無名の監督や出演者の作品ですが、SNSの絶賛、推薦の口コミにより、かなり評判になっていますね。まだまだ、上映映画館の拡大、ロングラン上映も、期待出来ますね♪


低予算で無名の監督や役者
これは見え空にも繋がっていますよね
評判ではありましたが俺が観たくなって気持ちわかりますよね?


> 僕は、本作を、現時点では、未見なのですが、虎馬さんのレビューを読ませて頂いて、「とても面白そうだなあ~。」って、思いました♪
> 連日、満席、チケット完売みたいなので、中々、観に行けないかもしれませんが、映画館またはDVDがレンタル開始されたら、どちらかで、鑑賞予定にしています。


さらに上映映画館が増えるのは必至だと思いますし
できるだけはやく観て欲しい映画です。



> >後半どんでん返しがあるとわかっていたのに それも想像をはるかに超えていました。
>
> おお~、何か仕掛けがありそうですね^^
> あっと驚くような、想像をはるかに超える展開に期待しています。


殺伐としたシーンもネタあかしでこうも笑えるかと
きっと驚くと思います。


> それから、「薄れゆく記憶のなかで」も、もし、劇場公開当時、インターネットやSNSが、普及していたら、口コミにより、大ヒットして、拡大劇場公開されていたかもしれませんね。ちなみに、大阪では、ミニシアターで、一週間限定公開でした。


そうですね。惜しいですよね。


> カメラを止めるな!のように、SNSが普及した今だからこそ、今後も、無名の監督&無名の役者の低予算のインディーズ映画が、口コミにより、注目されることが、有り得そうですね。


アイデア次第でこんなに面白い作品が出来るのかと
目から鱗、頭からカツラが取れた想いです(笑)。


2018/08/12 17:33 虎馬 URL [ 編集 ]
おはようございます。
虎馬さん、おはようございます。
ご返信ありがとうございます。
とても嬉しく思います♪


>低予算で無名の監督や役者
これは見え空にも繋がっていますよね
評判ではありましたが俺が観たくなって気持ちわかりますよね?

はい。もちろん、分かります♪
「カメラを止めるな!」も、篠田和幸監督「薄れゆく記憶のなかで」や「見えないほどの遠くの空を」同様に、お客様を呼ぶために、人気アイドルを起用したり、有名なミュージシャンの音楽を使用したり、有名な漫画や小説を原作したりしないで、何のフック(売り)も、つけずに、中身で、勝負している所に共通性を感じます。上田慎一郎監督の作品に対する熱い思いやこだわりが伝わって来ますよね。
それから、榎本憲男監督のツイッターに、どなたかの私的『本当に観て良かったミニシアター系作品』トップ3を発表されていましたね。

1.春みたいだ
2.カメラを止めるな!
3.見えないほどの遠くの空を

春みたいだは、初耳で、未見ですが、後の作品は、納得のセレクトですね。

>さらに上映映画館が増えるのは必至だと思いますし
できるだけはやく観て欲しい映画です。

当分、この勢い(チケット完売。)は、続きそうですが、何とか、観やすい時間帯に、空席が出れば嬉しいなあ~って思います。
それから、今後の更なる拡大にも、期待しています♪

>殺伐としたシーンもネタあかしでこうも笑えるかと
きっと驚くと思います。

楽しみにしています♪


>そうですね。惜しいですよね。

本当に、惜しいですね。
でも、知る人ぞ知る幻の名作って言う存在も、それは、それで、良いのかもしれませんね^^
とは言え、劇場公開時は、SNSが普及していなかったので、後に、インターネット上の菊池麻衣子さんのファンサイトで、DVD化署名活動が、起こって、盛り上がりましたからね。(現在は、DVDは、廃盤状態ですが。なので、デジタルリマスターされたブルーレイと辻陽さんのサントラ盤のCDを熱望致します♪)

>アイデア次第でこんなに面白い作品が出来るのかと
目から鱗、頭からカツラが取れた想いです(笑)。

大金を掛けなくても、アイディアと工夫次第で、面白い作品が出来るんですね。
今後、無名の監督の中身で勝負した、第二の「カメラを止めるな!」を目指したミニシアター系の作品が、量産されるかもしれませんね。
榎本憲男監督にも、是非頑張ってほしいですね♪
それから、上田慎一郎監督も、これだけ、大ヒットすると、次回作に、プレッシャーが、かかるでしょうけれど、また、面白い作品を制作してほしいですね♪

それでは、虎馬さん、暑さ対策を忘れずに、引き続き、素敵なお盆休み(大人の夏休み)をお過ごし下さいね♪

それでは、失礼致します。
2018/08/13 04:19 ひろPOP URL [ 編集 ]
ひろPOPさん

> >低予算で無名の監督や役者
> これは見え空にも繋がっていますよね
> 評判ではありましたが俺が観たくなって気持ちわかりますよね?
>
> はい。もちろん、分かります♪
> 「カメラを止めるな!」も、篠田和幸監督「薄れゆく記憶のなかで」や「見えないほどの遠くの空を」同様に、お客様を呼ぶために、人気アイドルを起用したり、有名なミュージシャンの音楽を使用したり、有名な漫画や小説を原作したりしないで、何のフック(売り)も、つけずに、中身で、勝負している所に共通性を感じます。上田慎一郎監督の作品に対する熱い思いやこだわりが伝わって来ますよね。


コスパ感抜きに、取り上げた作品は 映画に対する愛情がこっちに伝わって来るんですよね。
大予算を動かそうとすれば、スポンサーや役者に気を使ったり縛りが増えるのも仕方ないことで
榎本監督の場合、それが嫌で自由にやりたくて低予算というのもあると思うんですよね。
限られた枠で最大限叶う夢を構築するのはかなりの快感かもしれません。
その源が映画愛だったり演劇愛だったりするのが役者からも凄く伝わって来たから本編のクオリティ以外の熱も観ている側に伝わって来たのだと思います。
でもそれは監督がスタッフを制御出来なければ難しい業で、だからこそ、そもそも映画会社側だった榎本監督だからこその作品だったのかなと思います。


> それから、榎本憲男監督のツイッターに、どなたかの私的『本当に観て良かったミニシアター系作品』トップ3を発表されていましたね。
>
> 1.春みたいだ
> 2.カメラを止めるな!
> 3.見えないほどの遠くの空を
>
> 春みたいだは、初耳で、未見ですが、後の作品は、納得のセレクトですね。


これ探して発見しました!
わかっている人いるんですね!
それから、やっぱり榎本監督は上田監督とも知り合いでTwitterをリツイートしてるのも見つけて微笑ましたくなりました(笑)。


> >さらに上映映画館が増えるのは必至だと思いますし
> できるだけはやく観て欲しい映画です。
>
> 当分、この勢い(チケット完売。)は、続きそうですが、何とか、観やすい時間帯に、空席が出れば嬉しいなあ~って思います。


是非是非(笑)。



> 本当に、惜しいですね。
> でも、知る人ぞ知る幻の名作って言う存在も、それは、それで、良いのかもしれませんね^^
> とは言え、劇場公開時は、SNSが普及していなかったので、後に、インターネット上の菊池麻衣子さんのファンサイトで、DVD化署名活動が、起こって、盛り上がりましたからね。(現在は、DVDは、廃盤状態ですが。なので、デジタルリマスターされたブルーレイと辻陽さんのサントラ盤のCDを熱望致します♪)


俺も知る人ぞ知るのままでよかったと。
それを見つけた快感がありましたから(笑)。


2018/08/13 09:07 虎馬 URL [ 編集 ]
やっと観れました~( ´∀`)

ホットパンツ姿のガールを観てるだけでテンション上がります~( ≧∀≦)
↑ネタバレになるので内容については語れない(^_^;)
2018/08/13 21:02 canstyle URL [ 編集 ]
canstyleさん
> やっと観れました~( ´∀`)

よかった。絶対観て欲しかったです。


> ホットパンツ姿のガールを観てるだけでテンション上がります~( ≧∀≦)


ですよね、ですよね!
欠かせないシーンですよね(笑)。


> ↑ネタバレになるので内容については語れない(^_^;)


そこが辛いところです。


2018/08/14 08:06 虎馬 URL [ 編集 ]
こんばんは。
虎馬さん、こんばんは。
いつもお世話になります。
よろしくお願い致します。

やっと、見ることが出来ました。
映画館で、観たかったのですが、カメラワークで、映像手ブレが激しい。って言う記事を読んだので、映像酔いしたら、怖いと思ったので、DVDにての鑑賞になりました。
でも、DVDでも、十分に作品の良さは伝わって来ました。

たいしたことがないと言われていた序盤の劇中ゾンビ映画も充分に怖くて

>後半どんでん返しがあるとわかっていたのに それも想像をはるかに超えていました。

虎馬さんの仰るとおり、想像をはるかに超えていましたね。
前半は、普通に、ゾンビ物の映画としても、十分に、怖かったですね。後半への伏線となる不自然なシーンを除けば、十分に、一本のゾンビ映画として成立すると思います。後半からの伏線を回収して、それまでの疑問を解き明かして行く展開は、予想外で、とても引き込まれてしまいました。キャスト陣のキャラ立ちも、半端なかったですね。
なので、前半、後半合わせて、総合的に、見たら、ユニークな映画で、とても楽しめました♪
無名の役者さんばかりの低予算のミニシアター系の映画でも、アイディアや工夫次第で、これだけ、凄い作品が、制作出来るんだなあ~って、改めて、感じました。
恐怖あり、笑いあり、そしえ、ラストは、ホロリとさせられて、大満足の作品でしたね。
それから、本作は、ゾンビ映画や演劇に詳しければ、より楽しめる作品かもしれませんね。
インターネット上で、いつも仲良くさせて頂いている、映画学校を卒業された友人がいるのですが、本作を、見て、とても共感されていました。

>観終わった後の爽快感は

製作者の映画や演劇に対する愛が充分に伝わって来たから。

これ大事だよね。

愛だよ愛。

虎馬さんの仰るとおり、
映画愛や演劇愛に溢れた熱い作品でしたね。
なので、映画を見終わった後の爽快感が、半端なかったですね。


>肩車の写真には 迂闊にもホロッとしちゃいました。

同感ですね。
僕も、ホロリと来ました。

それから、お話が変わりますが、ぶっちー、12月限定の代打で、ABCラジオのラジオ番組のアシスタントを担当されています。そのラジオ番組で、ぶっちーが、 TikTok(ティックトック)を紹介して下さって、とても勉強になりました。
便利な時代になりましたね。

寒くなりましたが、風邪をひかないように、暖かくして、華の金曜日、そして、良い週末をお過ごし下さいね♪
2018/12/07 21:24 ひろPOP URL [ 編集 ]
ひろPOPさん

> やっと、見ることが出来ました。
> 映画館で、観たかったのですが、カメラワークで、映像手ブレが激しい。って言う記事を読んだので、映像酔いしたら、怖いと思ったので、DVDにての鑑賞になりました。
> でも、DVDでも、十分に作品の良さは伝わって来ました。


ご覧になりましたか(笑)。

ハンディカメラ映像は臨場感抜群で酔う酔わない影響なんて劇場では気になりませんでしたよ。



> たいしたことがないと言われていた序盤の劇中ゾンビ映画も充分に怖くて


確かに確かに。
これは演技なんだと早く証明してくれって気持ちでした。


> >後半どんでん返しがあるとわかっていたのに それも想像をはるかに超えていました。
>
> 虎馬さんの仰るとおり、想像をはるかに超えていましたね。
> 前半は、普通に、ゾンビ物の映画としても、十分に、怖かったですね。後半への伏線となる不自然なシーンを除けば、十分に、一本のゾンビ映画として成立すると思います。後半からの伏線を回収して、それまでの疑問を解き明かして行く展開は、予想外で、とても引き込まれてしまいました。キャスト陣のキャラ立ちも、半端なかったですね。
> なので、前半、後半合わせて、総合的に、見たら、ユニークな映画で、とても楽しめました♪
> 無名の役者さんばかりの低予算のミニシアター系の映画でも、アイディアや工夫次第で、これだけ、凄い作品が、制作出来るんだなあ~って、改めて、感じました。


低予算、手作り感を逆に売りにしちゃってますからね
それにしてもバジェット300万なら、役者たちのギャラはいくらだったんだろうと思っちゃいますよね(笑)。


> 恐怖あり、笑いあり、そしえ、ラストは、ホロリとさせられて、大満足の作品でしたね。
> それから、本作は、ゾンビ映画や演劇に詳しければ、より楽しめる作品かもしれませんね。
> インターネット上で、いつも仲良くさせて頂いている、映画学校を卒業された友人がいるのですが、本作を、見て、とても共感されていました。
>
> >観終わった後の爽快感は
>
> 製作者の映画や演劇に対する愛が充分に伝わって来たから。
>
> これ大事だよね。
>
> 愛だよ愛。
>
> 虎馬さんの仰るとおり、
> 映画愛や演劇愛に溢れた熱い作品でしたね。
> なので、映画を見終わった後の爽快感が、半端なかったですね。


とにかく映像作りへの愛がじんじん伝わって来てたまりませんでした。


> >肩車の写真には 迂闊にもホロッとしちゃいました。
>
> 同感ですね。
> 僕も、ホロリと来ました。


年頃の娘を持っていたら号泣きのシーンですよ、もう。



> それから、お話が変わりますが、ぶっちー、12月限定の代打で、ABCラジオのラジオ番組のアシスタントを担当されています。そのラジオ番組で、ぶっちーが、 TikTok(ティックトック)を紹介して下さって、とても勉強になりました。
> 便利な時代になりましたね。


恥ずかしながらTwitterフォローさせてもらっているので、いろいろ情報はチェックしてます(笑)。
写真は盛らない方がいいのになと余計なことを思ってます。

2018/12/09 12:50 虎馬 URL [ 編集 ]
こんばんは。
虎馬さん、こんばんは。
いつもお世話になります。
よろしくお願い致します。

>それから、やっぱり榎本監督は上田監督とも知り合いでTwitterをリツイートしてるのも見つけて微笑ましたくなりました(笑)。

榎本憲男監督が、知り合いだけではなくて、「カメラを止めるな!」の脚本指導をして、作品に携わっていたことを知り、こんな意外な繋がりがあったことに、とても驚いています♪
それから、検索しても、榎本憲男監督のツイッターが、見つからないのですが、もう、監督は、ツイッターをされていないのでしょうか?
そして、もう一つ、驚いたことがあります。
榎本憲男監督は、僕の好きな作品の一つである、丞威さん(岩永ジョーイさん)主演の「琉球バトルロワイアル」の脚本も、担当されていたことを知り、とても嬉しく思いました♪
それから、どうやら、ドニー・イェンが、アクション監督を担当された、釈由美子さん主演の「修羅雪姫」にも、製作補として、作品に携わっているようですね。
榎本憲男監督は、ツイッターで、偶に、ジャッキー・チェンの映画やUFCの記事を書かれていたと思うのですが(記憶違いでしたら、ごめんなさい。)、カンフー映画や格闘アクション映画にも、造形が深いのかもしれまえんね。

脚本作品。
●「琉球バトルロワイアル」の予告編。
https://www.youtube.com/watch?v=mRIcu7TcNR8

製作補作品。

●釈由美子さん主演の「修羅雪姫」の予告編。
https://www.youtube.com/watch?v=ZflcOn9sHdo


榎本憲男監督が、今まで、携わった作品でございます。
色々なジャンルの作品に関わって来たんですね♪
https://eiga.com/person/20337/movie/

また、いつか「カメラを止めるな!」の上田慎一郎監督と榎本憲男監督のコラボレーションやタッグを組んだ作品を是非観てみたいですね♪

それでは、失礼致します。
2019/03/11 20:04 ひろPOP URL [ 編集 ]
ひろPOPさん


> 榎本憲男監督が、知り合いだけではなくて、「カメラを止めるな!」の脚本指導をして、作品に携わっていたことを知り、こんな意外な繋がりがあったことに、とても驚いています♪



そもそもは制作会社の人だという認識だったんですが
自らの構想や脚本を現場にも提案する
根っからの映画、映像好きの方みたいですね。


> それから、検索しても、榎本憲男監督のツイッターが、見つからないのですが、もう、監督は、ツイッターをされていないのでしょうか?


榎本憲男 ブルーロータスで検索してみてください。
俺のTwitterからは表示されますよ。
見え空の頃は、何回かやり取りしてくれたんですけどね~(笑)。


> そして、もう一つ、驚いたことがあります。
> 榎本憲男監督は、僕の好きな作品の一つである、丞威さん(岩永ジョーイさん)主演の「琉球バトルロワイアル」の脚本も、担当されていたことを知り、とても嬉しく思いました♪
> それから、どうやら、ドニー・イェンが、アクション監督を担当された、釈由美子さん主演の「修羅雪姫」にも、製作補として、作品に携わっているようですね。
> 榎本憲男監督は、ツイッターで、偶に、ジャッキー・チェンの映画やUFCの記事を書かれていたと思うのですが(記憶違いでしたら、ごめんなさい。)、カンフー映画や格闘アクション映画にも、造形が深いのかもしれまえんね。


リンクのぞいてみましたよ。
いかにも、ひろPOPさんが大好きなワールドで
失礼ながら笑っちゃいました(笑)。


知らない間に我々は、榎本監督の世界に触れていたのかも知れませんね。

ですから、見え空にはまったのは必然なんですよ、きっと。



2019/03/12 17:08 虎馬 URL [ 編集 ]
ご返信ありがとうございます。
虎馬さん、こんばんは。
ご返信ありがとうございます。
よろしくお願い致します。

>榎本憲男 ブルーロータスで検索してみてください。
俺のTwitterからは表示されますよ。
見え空の頃は、何回かやり取りしてくれたんですけどね~(笑)。

無事に見つかりました。
教えて下さって、ありがとうございます。
榎本憲男監督は、映画監督としてだけではなくて、小説家としても、ご活躍されているみたいで、多彩な才能の持ち主で、とても尊敬しています。
それから、榎本憲男監督は、僕の両親の故郷の和歌山県出身であることも、親近感を感じます。

>リンクのぞいてみましたよ。
いかにも、ひろPOPさんが大好きなワールドで
失礼ながら笑っちゃいました(笑)。

ありがとうございます。
最近、CGを多用した大作が、全盛の時代で、やや、食傷気味なので、この手の、生身の肉体を駆使したアクション映画は、少なくなって来たので、逆に、新鮮で、熱くなりますね^^


>知らない間に我々は、榎本監督の世界に触れていたのかも知れませんね。

ですから、見え空にはまったのは必然なんですよ、きっと。

同感ですね。
実は、知らず知らずに、触れていたんですね。
それから、「見えないほどの遠くの空を」が、上映される前に、上映される映画館のホームページの近日上映のラインナップを見て、「~二転三転して意外な結末を迎える~。」作品と解説&説明されている記事を読んで、ひょっとして、「薄れゆく記憶のなかで」と共通するものが、あるのではと、前売り券を買って、かなり期待して観に行った記憶があります。
「見えないほどの遠くの空」や「森のカフェ」のDVD化を熱望しているのですが、中々、発売されませんね(涙)。「何かが壁を越えてくる」は、予告編しか、見たことがないので、どのようなオチが待ち構えているのか?とても気になります。予告編の映像を見ましたが、何か仕掛けが、有りそうな気がします。(あくまでも、推測ですが。)
こちらの作品も、DVD化を熱望致します。

●それから、以前、ご紹介させて頂いた管理人様が、運営されている、ブログの「薄れゆく記憶のなかで」の記事に書き込みをさせて頂きました^^

https://starforest.exblog.jp/26171840/


●ドリパスって言うサイトで、「薄れゆく記憶のなかで」の票が、大分集まって来ました。
https://www.dreampass.jp/m151752


寒暖の差で、風邪を引かないように、健康で、元気に、お過ごし下さいね♪

それでは、失礼致します。
2019/03/12 19:17 ひろPOP URL [ 編集 ]
ひろPOPさん


> 無事に見つかりました。
> 教えて下さって、ありがとうございます。


よかったです!(笑)。


> 榎本憲男監督は、映画監督としてだけではなくて、小説家としても、ご活躍されているみたいで、多彩な才能の持ち主で、とても尊敬しています。


そうなんですよ~

見え空の原作は読んだんですけど
文中の映画論以外は、まだまだ書き慣れていないように感じられたので(素人が生意気なんですけども(笑)。)
他の作品はまだ手を出せずにいます。
でも、この機会に買って読んでみようかな。


> それから、榎本憲男監督は、僕の両親の故郷の和歌山県出身であることも、親近感を感じます。


和歌山なんですね!

溝端淳平とかベイスターズの筒香とか
有名人多数いますね(笑)。


> >リンクのぞいてみましたよ。
> いかにも、ひろPOPさんが大好きなワールドで
> 失礼ながら笑っちゃいました(笑)。
>
> ありがとうございます。
> 最近、CGを多用した大作が、全盛の時代で、やや、食傷気味なので、この手の、生身の肉体を駆使したアクション映画は、少なくなって来たので、逆に、新鮮で、熱くなりますね^^


銃があるのに格闘技で貫くストーリーは難しいですけど(銃弾を掻い潜るシーンはありますが)、確かに新鮮です。




> >知らない間に我々は、榎本監督の世界に触れていたのかも知れませんね。
>
> ですから、見え空にはまったのは必然なんですよ、きっと。
>
> 同感ですね。
> 実は、知らず知らずに、触れていたんですね。
> それから、「見えないほどの遠くの空を」が、上映される前に、上映される映画館のホームページの近日上映のラインナップを見て、「~二転三転して意外な結末を迎える~。」作品と解説&説明されている記事を読んで、ひょっとして、「薄れゆく記憶のなかで」と共通するものが、あるのではと、前売り券を買って、かなり期待して観に行った記憶があります。
> 「見えないほどの遠くの空」や「森のカフェ」のDVD化を熱望しているのですが、中々、発売されませんね(涙)。「何かが壁を越えてくる」は、予告編しか、見たことがないので、どのようなオチが待ち構えているのか?とても気になります。予告編の映像を見ましたが、何か仕掛けが、有りそうな気がします。(あくまでも、推測ですが。)
> こちらの作品も、DVD化を熱望致します。

俺も待望してます。
ポリシー変えて欲しいです(笑)。



> ●それから、以前、ご紹介させて頂いた管理人様が、運営されている、ブログの「薄れゆく記憶のなかで」の記事に書き込みをさせて頂きました^^
>
> https://starforest.exblog.jp/26171840/
>
>
> ●ドリパスって言うサイトで、「薄れゆく記憶のなかで」の票が、大分集まって来ました。
> https://www.dreampass.jp/m151752
>
熱い熱いコメント、拝見しました!
管理人に強く伝わったと思いますよ。
ドリパスの支持者数凄いことになってますね(笑)。






2019/03/14 07:49 虎馬 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://gateofpromisedland.blog.fc2.com/tb.php/1057-66dcb897
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
RSSリンク
Twitter
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
検索フォーム