bg_jk.gif
FC2ブログ
女優・綾瀬はるかをゆる~く傍観していきます。
プロフィール

虎馬FC2

Author:虎馬FC2

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
336位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
100位
アクセスランキングを見る>>
キャプチャtai


旅行二日目は、三宮から阪急とモノレールを乗り継いで万博記念公園へ。

モノレールを降りたとたんに ドカ~ン!ドカ~ン!と芸術が爆発する音が俺には聞こえた!

もう、こちらから太陽の塔へ向かうというよりも

太陽の塔がこちらに迫って来るようだ!


150.jpg
121.jpg
124.jpg
125.jpg



太陽の塔の圧倒的な迫力にもう放心状態だ!

俺が太陽の塔を眺めているのではなく

太陽の塔が俺を見透かしているのだ!


50年も前に作られたのに 未来の建造物のようにも見える。

その存在は、救世主のようにも見えて、悪魔のようにも思える。

見ている者の心を投影されているようだ。



126.jpg


太陽の塔が見たいと思ったのは 山田五郎ちゃんのラジオでの熱弁を聴いたからです。


修復された太陽の塔には 裏の地下から内部へ入れるようになっています。

これが、予約が必要であることを 事前に大阪だいくんに教えてもらっていて助かりました~



127.jpg


地下から見上げた太陽の塔です。


128.jpg



塔のイメージが出来上がるまでのラフなスケッチも展示されていました。



129.jpg
130.jpg


地下のシンボル、宗教的、呪術的な地底の太陽。


132.jpg
133.jpg
キャプチャtai21
キャプチャtai20


プロジェクターを射てられた地底の太陽の表情が幻想的に無数に変わっていく!


ふと、手塚治虫や水木しげるの作品が脳裏を過ぎった。


137.jpg
141.jpg
138.jpg


太陽の塔は、万博のウエルカム的なランドマークではなくて

パビリオンのひとつであることがわかる 内部の「生命の樹」。

アメーバーから恐竜時代を経て、最上段のクロマニヨン人までの進化のオブジェが精巧に作られています。

岡本太郎は、日本の芸術家としてとか小さい括りではなく

地球の生命全体を人種や言語の壁を越えて表現しようとしていたのがわかって なんだか感動が大爆発!


内部の壁の精巧さや、塔の両翼の内側のロケットの内部のようなデザインも素晴らしかったんですが

撮影の許可は、この1階まででした。



143.jpg


生命の樹の生命体のひとつひとつの眼を見ていたら、家に残した老犬のつぶらな瞳を強烈に思い出しました。

そして、旅行の帰りを待ってたように 先日、17年余りの生涯を終えました。

一泊だけの旅行だったのに やけに軽くなっていたんです。

でも、旅行のために世話を頼んだ次男にも最後に会えてよかったのかな…



145.jpg
149.jpg



2019/09/24 18:40 心の旅 TB(0) CM(2)
コメント
自分は40年以上大阪に住んでて、太陽の塔内部にやっと今年入れたのに、ちゃっかりすんなり入るなんて強運の持ち主ですねー。

手の部分の階段が印象に残ってます、なぜか。

それと大切な家族が旅立ったんですね、辛いです。
2019/09/24 21:12 大阪だい URL [ 編集 ]
大阪だいさん
> 自分は40年以上大阪に住んでて、太陽の塔内部にやっと今年入れたのに、ちゃっかりすんなり入るなんて強運の持ち主ですねー。


ダメもとでいろいろ聞いてよかったです。

太陽の塔と大阪城両方は無理だったのが身体でわかりました(笑)。


> 手の部分の階段が印象に残ってます、なぜか。


当時の他のパビリオンへの非常階段だという説明を受けましたよ。



> それと大切な家族が旅立ったんですね、辛いです。


番犬だったんですけど、今年の始めから足腰が怪しくなって家の中へ入れたんです。

旅行までは持たないような状態でしたので

ずいぶん頑張ったと思います。



2019/09/25 07:26 虎馬 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://gateofpromisedland.blog.fc2.com/tb.php/1221-c37bfa8a
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSリンク
Twitter
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
検索フォーム