bg_jk.gif
FC2ブログ
女優・綾瀬はるかをゆる~く傍観していきます。
プロフィール

虎馬

Author:虎馬

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
418位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
124位
アクセスランキングを見る>>
キャプチャse1



しょの2では 第7話をちょっこし取り上げてみたいと思います。




キャプチャse5



夜中に真島の病室を訪ねる亜紀。


いくら病人であって病院の中でも用事があっても

夜中に男の部屋の入っていく亜紀のガードの甘さがなんとも、なんともなんです。




キャプチャse7




その 同志の真島が急死。 自分の近い未来を想像した亜紀は

朔太郎に『夜は必ず明けるんだよ。』と諭した海へ。




キャプチャse8



朔太郎に気がついた亜紀の醒めた眼。

今頃来たと思ったのか、止めに来るまで待っていたのか。




キャプチャse9



『落ち着けって!』

『今死んだって同じじゃない。どうせ死ぬんだったら何で辛い治療受けなきゃなんないの?』



朔太郎がどうやって亜紀を引き留めるのか。

その台詞のクオリティこそがこのドラマ全体のクオリティなんではないか。

俺がこのドラマで一番注目したシーンかも。




キャプチャse10




『みんな卒業して、社会に出て、結婚して、そういうの横目で見ながら暮らすんだよ。うらやましがって、ひがんで、かわいそうねって言われて、いいことなんて何もないのに みじめにいいこと探して。

私、そうやって暮らすんだよ。一生だよ。何で私だけそんなめに遭わなきゃいけないの?私が何したっていうの?』



『治るかも知れないだろ。』


『気休め言わないでよ。』


『何で悪いことばかり考えるんだよ。』



亜紀の剛速球に朔太郎は受けるのが精いっぱいだったが




『サクちゃんだって思ってるくせに。私が死ぬって思ってるくせに。』



キャプチャse11



『そうだよ、思ってるよ。思っちゃうよ』



キャプチャse13



慰めでなく、本音を言い出す朔太郎に 一瞬ひるむ亜紀。



キャプチャse15



『だけど、俺の知っている廣瀬亜紀は 鼻血出ても保健室行かないんだよ。雨の日でも弔辞読むんだよ。白血病でも自己ベスト出すんだよ。


誰より負けず嫌いで上昇志向の塊みたいな父親と、強がりで優しい母親から生まれて。恐竜みたいにたくましく育てって言われて


だから 俺は廣瀬亜紀を信じる。だから、絶対裏切るなよ!』




キャプチャse17


『はい。』




キャプチャse16




どうせ死ぬんだから今死ぬんじゃなくて

俺が愛した廣瀬亜紀を全うしてから死んでくれ。


そうとも受け取れる朔太郎の台詞に俺は震撼した。


何で自殺しちゃいけないのか。

何で人を殺してはいけないのか。

明確な答えを出せる人はほとんどいないだろう。


でもさ、自分が生まれてきたのは 絶対、父親と母親がいたわけで

その父親と母親にも それぞれ父親と母親がいて

そんな風に大抵は 意識する意識しないの差はあっても

子供に自分の果たせなかった夢や、

せめて自分よりも幸せな暮らしをと 命を繋げてきたんじゃないの?


それを自分ひとりの理由で絶つことは許されないんだよ。



キャプチャse18





2013/07/16 17:35 綾瀬はるか TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://gateofpromisedland.blog.fc2.com/tb.php/126-94d895f6
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
RSSリンク
Twitter
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
検索フォーム