bg_jk.gif
FC2ブログ
女優・綾瀬はるかをゆる~く傍観していきます。
プロフィール

虎馬

Author:虎馬

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
469位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
139位
アクセスランキングを見る>>
キャプチャb



ブルース・スプリングスティーンの音楽が満載の映画を観てきました~

1987年のイギリスが舞台の中心。

ボスの歌が人生を変えるなんて そんな映画があっても不思議ではないけど

それが実話ベースだと知って驚きだ。


ハイスクールに通い出した主人公のジャベドはパキスタンからの移民家族で

保守的な町の人からの偏見や古い慣習を大事にする父親に反発を感じてた。

この頃の米英は強烈な新自由主義が蔓延っていて

仕事にあぶれた国民は当然のように移民を排除しようという風潮。

あおりを受けたジャベドの父親は失職して家庭は大ピンチ。

母親の内職でなんとか食いつないではいるがまったく先が見えない状態。

このままでは学校へも通えなくなると、窮屈な小さな町をいつか抜け出す夢を見ていたジャベドは絶望の夜を迎えていた。

偶然、鞄の中から友人のループスがくれたカセットテープが転げ落ちた。


『ボーン・イン・ザ・USA』と『闇に吠える街』


自分の境遇を理解してくれる歌詞が、ジャベドの身体中を駆け巡る。

その映像の表現も秀逸だ。


ブルース・スプリングスティーンによって自分の言葉を得たジャベドは

ライターとしての才能を発揮して 夢の道筋を作りだして行ったのだ。


ジャベドとブルース・スプリングスティーンの音楽との出会いは必然だったかもしれないけど

同じ音楽が流れていても 自分の中に浸透するときとそうでないときがあるよね?

それって こっち側の受け入れ体勢だと思うんだ。準備というか。

ジャベドにはそれがあった。


そもそも、ジャベドを変えたのはブルース・スプリングスティーンではなくて

ボスは単にきっかけをくれたに過ぎないとも言えるんじゃなかな~


友人も恋人もゼミの先生も校長も

日頃の真面目で直向きなジャベドを知っているから味方になってくれたんだよ。

ライターの才能だって それまでの自分の努力の下地があってのことだし。


この映画の原題はボスのファーストアルバムの一曲『BLINDED BY THE LIGHT 光で目もくらみ』。

ジャベドはブルース・スプリングスティーンに傾倒しながら 受け入れられないフレーズがあることを告白する。


夢を叶えるためには代償が必要だというフレーズ。


自分には代償は払えないと。

光に目がくらんで大切なものを見失いそうになっていたのは自分だと。


ジャベドがボスの歌を超えた瞬間。

歌詞が人生の答え合わせではないことに気が付いたのだ。


その大切なものは 是非映画館で確かめてもらいたい(笑)。





この映画のツボ台詞は 校長の「ティファニーがクズなのは私も知ってる」と

ジャベドのおやっさんの「ブルース・スプリングスティーンは親を大事にしろと歌ってたぞ。彼はパキスタン人か?」。

本当に笑っちゃったよ。




キャプチャbr



グラミー賞を20回も獲ってるのに アルバムは全世界で1億3500万枚も売ってるのに

日本でのブルース・スプリングスティーンの評価は今ひとつだと思う。

でも、知らない間に日本人の身体にも浸透しているのだ。


だって、『BORN TO RUN』の自殺マシーンは尾崎の盗んだバイクだし

佐野元春の『SOMEDAY』はボスの『HUNGRY HEART』だし

浜田省吾の『家路』はボスの『THUNDER ROAD』だし


映画の感想をインターネットで拾っていくと

ブルース・スプリングスティーンって 初期の佐野元春みたいって文章を発見!

それ、逆だから(笑)。








2020/07/17 01:37 映画 TB(0) CM(4)
コメント
いやー、めちゃくちゃ良かったですねー。
しかも私、虎馬さんと同じ日に見ましたから。
音楽系の映画はボヘミアンラプソディから何作か見てますが、この作品は泣きました。
キャストも凄くよかったですよね。
マットのお父さんもいいキャラでした(笑)
梅田で見たんですが、パンフレットが売り切れてたので昨日難波で買いましたよ。
買ってよかったです。
この作品が延期になって、公開された事が本当に嬉しいです。
好きな事を堂々とするのに、まだ後ろめたさはありますが、エンタメは消えてはいけないんです。
先伸ばしになっても、これからも素晴らしい映画が公開されて、少しでも心が豊かになればいいんですけどね( ;∀;)
2020/07/17 20:28 リーダー URL [ 編集 ]
リーダーさん
> いやー、めちゃくちゃ良かったですねー。
> しかも私、虎馬さんと同じ日に見ましたから。


なかなか観るタイミングが合わなくて
リーダーさんが先に行きそうになってたので焦りました(笑)。


> 音楽系の映画はボヘミアンラプソディから何作か見てますが、この作品は泣きました。


作りはまったく違いますが、英国のパキスタン移民て偶然みたいに一致しますよね。


> キャストも凄くよかったですよね。


ワム野郎とかなんとか少女とか、学校の連中も個性ありましたね〜


> マットのお父さんもいいキャラでした(笑)


そうそう、なんかやらかしそうなお父さん、いい仕事してくました(笑)。


> 梅田で見たんですが、パンフレットが売り切れてたので昨日難波で買いましたよ。
> 買ってよかったです。


綾瀬はるかの映画以外はほとんど買わないんですが
これは真っ先に手に入れました!

ジャベドが台風の日、ボスの音楽を聴いて雷に打たれたような演出があったでしょ?
あれ素晴らしいです!

ジャベドもそうだったように、それまでに聴いていた音楽なのに、突然急に身体中に浸透してくる曲ってありますよね?
これってなんなんだろって考えていました。

話がずれますが、雷にはマイナスとプラスがあって
夏はプラス、冬はマイナスって決まってるみたいです。
じゃ、春と秋はってことになりますが、それは置いといて(笑)。
つまり雷の正体は電気なので、たとえばプラスの雷はマイナスの地上に落ちるわけです。
それがアンテナだったり、傘だったりね。
言い換えれば雷を引き込むわけです。
当然マイナスの雷だったらプラスの地上ってことです。

だからきっと、ジャベドのマイナスの心にボスのプラスの歌が降って来たんだと思うんですよ。

俺もね、代々木オリンピックプールでボスを初めて生で見たときに身体中が痺れる衝撃を受けたんです。
でも仕方なかったんですね
だって、雷に直撃されたんですから(笑)。


> この作品が延期になって、公開された事が本当に嬉しいです。
> 好きな事を堂々とするのに、まだ後ろめたさはありますが、エンタメは消えてはいけないんです。
> 先伸ばしになっても、これからも素晴らしい映画が公開されて、少しでも心が豊かになればいいんですけどね( ;∀;)

同じ映画で共感できたことが何よりも嬉しいです!
こっちのシネコンは超人気作品以外は今までもガラガラでしたから、そもそもデスタンスに問題ないとは思いますけど(笑)。
2020/07/18 07:30 虎馬 URL [ 編集 ]
観たいのですがーーーーー
カセットテープダイアリーと言う映画は、グラミー賞?に関するニュースでタイトルだけは知っていました。
ボスの音楽が深く関わる映画なら必見ですね、情報ありがとうございます。

しかし、蝦夷地では札幌の1劇場で、しかも夜遅い最終回なので難しいかなーーー。
札幌はコロナの発生も収まってないし。
Amazonプライムなどで観るしかないかな。
本当は映画館の音響でボスの曲を聴きたいところですが。

それから、佐野元春は私も大学生だった頃によく聞いてました。
元春さんは当時FMラジオの番組も持ってて、本人がボスに対するリスペクトを語っていた記憶があります。曲を聴けば直ぐわかるぐらい影響を受けてますよね。

2020/07/19 21:45 森の管理人 URL [ 編集 ]
森の管理人さん
> カセットテープダイアリーと言う映画は、グラミー賞?に関するニュースでタイトルだけは知っていました。
> ボスの音楽が深く関わる映画なら必見ですね、情報ありがとうございます。
>
> しかし、蝦夷地では札幌の1劇場で、しかも夜遅い最終回なので難しいかなーーー。


この時期なのもありますね。
いつも札幌は俺が観たい単館系の映画も上位されていて、羨ましく思っていましたが
広い北海道で1館だけって厳しいですね。
ただ、選曲もお分かりのように素晴らしいので
いつかは是非森の管理人さんにご覧になって欲しい作品です。
主人公はパキスタン人でイギリスでの移民二世なので、ボスの歌詞がストレートに入って来るっていうのもあります。
日本で対訳はなるべく主観が入らないように直訳されているので、難解ですよね。
英語で韻を踏む為だけの言葉の羅列やスラングや英語圏ならではの言い回しなんか、俺たちにわかるはずがナインです。
でも、俺たちが感動したのはボスの歌声、サウンド、演奏、サウンド何よりも伝えたいっていう情熱ですよね。
それを若い頃の自分が受け入れられたって自分を誉めてやりたいくらいです。


> 札幌はコロナの発生も収まってないし。
> Amazonプライムなどで観るしかないかな。
> 本当は映画館の音響でボスの曲を聴きたいところですが。


しつこいですが是非に是非に。



> それから、佐野元春は私も大学生だった頃によく聞いてました。
> 元春さんは当時FMラジオの番組も持ってて、本人がボスに対するリスペクトを語っていた記憶があります。曲を聴けば直ぐわかるぐらい影響を受けてますよね。


俺も聴いてましたよ。
リバーの歌詞カードのバンド集合写真とそっくりな写真もあるんで、ボスに影響受けてたことは公然の事実だったようです。
でも、その後、若くしてボスの影響を昇華した尾崎豊が現れて、俺はひっくり返りましたよ(笑)。
ボスの来日以来、一番影響うけたのは日本のミュージシャンたちでしょう。
その後、やたらライブでサックスを入れるバンドや拳を挙げる曲が多くなりましたもん。
翼の折れたエンジェルで拳を挙げてたときには、かなりの違和感がありました(笑)。
2020/07/20 18:02 虎馬 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://gateofpromisedland.blog.fc2.com/tb.php/1313-42e38bab
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
RSSリンク
Twitter
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
検索フォーム