bg_jk.gif
FC2ブログ
女優・綾瀬はるかをゆる~く傍観していきます。
プロフィール

虎馬

Author:虎馬

FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
418位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
124位
アクセスランキングを見る>>
キャプチャt5


死と言う言葉と竹内結子という名前がしばらく繋がらなかった。

彼女が『ゴールデンスランバー』のヒロインだと知ったとき

原作のイメージよりかなり若く感じたように

いつまでも少女の面影が残っている女優だと思っていた。


死という言葉と竹内結子という名前がしばらく繋がらなかったけども

俺が彼女の代表作と思う『黄泉がえり』『いま、会いにゆきます』『天国の本屋~恋火』は

死がモチーフになった作品ばかり。

でも、現実は映画でもドラマで小説でもない。

もう、竹内結子さんはいないんだな。


2020/09/28 16:56 雑感 TB(0) CM(4)
コメント
何ででしょうね
竹内結子さん、虎馬さんが代表作として挙げた映画はどれも観てません。
死んだ人が霊的存在などで現れるモチーフが、またそのテーマですかという気がして、手がでなかったのかな。

 出演作で印象に残っているのは、真田丸の茶々ですよね。小悪魔的で天下人が夢中になるのも無理は無いと思わせる美しさ。数々の歴代淀君の中でNo.1だと思います。
あとは、fuluドラマのミスシャーロックでした。シャーロックホームズを現代日本で女性が演じる設定なので、下手な役者が演じたら違和感バリバリだったはずが、竹内結子さんのハンサムな変人ホームズと貫地屋しほりさんのチャーミングでとぼけたワトソンコンビは凄く良かった。続編も期待してたのに-----。
 でもよく考えると、ミスシャーロックのラストシーンはビルの屋上から落ちるシーンだったけど。

春馬くんもそうだけど、素敵な人のあまりにも早いお別れは悲しすぎます、本当に残念です。

 芸能人の自殺報道が続きますけど、実は一般人も自殺者が増えているんじゃないかな(ニュースにはならないけど)。
 コロナで人と会えない状況が続き、悩みを一人で抱え込んで追い詰められている人が多いと思います。普通に他の人と会える日常が早く戻って欲しいものです。
2020/09/28 20:39 森の管理人 URL [ 編集 ]
さっそく記事にされましたか。

『天国の本屋~恋火』は映画館では見ておらず、TVで
放映されたものを観ました。
玉山鉄二が出ていましたよね(奥様は、取り扱い注意では、町をぶっ潰す
(でしたっけ?)と言っていた割に、物足りない役でしたが)。

書かれている代表作の3つ、2003,4年頃のものが多く、この頃の流行りかなという気もします。
幽霊ものは割と昔からありますが。

ただ幽霊ものとか、亡くなった人ってその時点から
歳を取らない点は少し引っ掛かるというか、生きて、年老いていくのは自然な事というか重要な事と思っています。

森の管理人さんが書かれているように、私も真田丸の茶々は素晴らしかったと思います。三谷幸喜はあてがきしたんじゃないかと思っています。

「少女の面影が残っている女優」は最近の竹内結子にも私はちょっと当てはまる気がします。
茶々はちょっと「少女の面影」があった気がします。

亡くなったのは本当に残念。

>もう、竹内結子さんはいないんだな。

いないんですよね。。。
2020/09/28 22:02 すぎこう URL [ 編集 ]
森の管理人さん
> 竹内結子さん、虎馬さんが代表作として挙げた映画はどれも観てません。
> 死んだ人が霊的存在などで現れるモチーフが、またそのテーマですかという気がして、手がでなかったのかな。


まだご覧になっていないのでしたらオススメですよ。
Amazonprimeならこの中の『いま会い』と『天国』、ついでに『クローズドノート』まで観られます。


>  出演作で印象に残っているのは、真田丸の茶々ですよね。小悪魔的で天下人が夢中になるのも無理は無いと思わせる美しさ。数々の歴代淀君の中でNo.1だと思います。


やはり評価高いですね〜(笑)。
竹内結子と長澤まさみが同時に観られるなんて大河ならではでした。


> あとは、fuluドラマのミスシャーロックでした。シャーロックホームズを現代日本で女性が演じる設定なので、下手な役者が演じたら違和感バリバリだったはずが、竹内結子さんのハンサムな変人ホームズと貫地屋しほりさんのチャーミングでとぼけたワトソンコンビは凄く良かった。続編も期待してたのに-----。
>  でもよく考えると、ミスシャーロックのラストシーンはビルの屋上から落ちるシーンだったけど。


貫地谷しほりがワトさんだったのには、ずいぶん寄せたなって思いましたが
コナンドイルの原作『最後の事件』でシャーロックホームズは最大のライバル、モリアーティ教授との闘いで共に谷底に落ちてるので
どうしてもそれをなぞった展開になりますよね。
最近のディーン・フジオカの探偵ドラマもそうでした。



> 春馬くんもそうだけど、素敵な人のあまりにも早いお別れは悲しすぎます、本当に残念です。


まったく。
直近の映画で共演した棒のメンタルがふたりに半分でもあればって考えてしまいます。


>  芸能人の自殺報道が続きますけど、実は一般人も自殺者が増えているんじゃないかな(ニュースにはならないけど)。
>  コロナで人と会えない状況が続き、悩みを一人で抱え込んで追い詰められている人が多いと思います。普通に他の人と会える日常が早く戻って欲しいものです。


失敗したことばかり思い出し未来に希望が考えられない鬱状態のときってありませんか?
俺は最近よくあるんです。
その状態がピークのときに誰かに背中を押されたらって想像すると怖いです。


2020/09/29 22:53 虎馬 URL [ 編集 ]
すぎこうさん
> さっそく記事にされましたか。


観てしまいましたから。



> 『天国の本屋~恋火』は映画館では見ておらず、TVで
> 放映されたものを観ました。
> 玉山鉄二が出ていましたよね(奥様は、取り扱い注意では、町をぶっ潰す
> (でしたっけ?)と言っていた割に、物足りない役でしたが)。


八重の桜では幼馴染みだったのにね。


> 書かれている代表作の3つ、2003,4年頃のものが多く、この頃の流行りかなという気もします。
> 幽霊ものは割と昔からありますが。

>
> ただ幽霊ものとか、亡くなった人ってその時点から
> 歳を取らない点は少し引っ掛かるというか、生きて、年老いていくのは自然な事というか重要な事と思っています。


『天国の本屋』では寿命の基準が100歳で、死亡した歳から100歳までの期間を天国で過ごして、新しい命としてそれまでの記憶が消えて生まれ変わることになってましたよね。
100歳超えらどうなるのかとか、いろいろ説明不足やら矛盾はありますよ。ファンタジーですから。



> 森の管理人さんが書かれているように、私も真田丸の茶々は素晴らしかったと思います。三谷幸喜はあてがきしたんじゃないかと思っています。
>
> 「少女の面影が残っている女優」は最近の竹内結子にも私はちょっと当てはまる気がします。
> 茶々はちょっと「少女の面影」があった気がします。
>
> 亡くなったのは本当に残念。
>
> >もう、竹内結子さんはいないんだな。
>
> いないんですよね。。。


何かが起こってると思うんですけど
ここら辺で止まって欲しいです。


2020/09/29 23:13 虎馬 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://gateofpromisedland.blog.fc2.com/tb.php/1329-3485d3db
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
RSSリンク
Twitter
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
検索フォーム