bg_jk.gif
女優・綾瀬はるかをゆる~く傍観していきます。
プロフィール

虎馬FC2

Author:虎馬FC2

FC2カウンター
ツイッター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
キャプチャki




twitter仲間のcanstyleさんの紹介で

『君のいた日々』を読ませていただきました。


タイトルと表紙から

内容は若いカップルのどちらかが

ありがちな不治の病に陥ってしまうんじゃないかと思いましたが

違いました。


高校の同級生だったふたりが社会人になって再会交際結婚。

五十歳になったとき死に別れ その一年後が綴られています。


おもしろいのは 夫(春生)が妻(九里子)を亡くしたバージョンと

妻が夫を亡くしたバージョンが書かれていること。

つまりパラレルワールドになっていることだ。

パラレルワールドのエピソードは寄り添い交差する。




伴侶が亡くなっても世の中は少しも変わらない。

風景も近しい人々も伴侶と言うピースが抜け落ちただけで何も変わらない。

それどころか抜け落ちた個所を時間がどんどん埋め合わせていく。

それが残された伴侶の悲しさを余計に浮き出してる。


主人公たちと年代が近いだけになんだか身につまされる。

妻はこんなにも俺の死を惜しんでくれるだろうか

でも死んだらそれも知るすべはないのだ。


春生は蛍光灯のチカチカに九里子を

九里子は床のみしみしに春生を感じる。


夫婦って長い間暮らしていると空気みたいな存在になって

でも空気が無くては生きていけないわけで

夫婦が健在でも そんなチカチカみしみし的に暮らしてしまっていないか

このパラレルワールドはそう問うてるんだろうか?


仕事以外は何をするにも一緒だったから

何をするにも亡き伴侶を想い出してしまう。


春生はちょっとめそめそし過ぎだ。

だから美人秘書の気持ちも気がつかない。

息子に亜土夢なんてキラキラネームを付けるセンスもついていけない。

実際に居たら俺は友達になれないだろう。


一方、九里子は一年経って少しずつ記憶が薄れて行くのを自覚する。

優しい周りの人たちに囲まれて自立への一歩を踏み出そうとする。


夫婦の微妙な温度差がおもしろい。






canstyleさんとは もし映像化したときのキャストについてもやり取りしてみた(笑)


春生は ドンピシャの人がなかなか見つからない。

泣き虫の五十歳でピンとくる俳優がいない。


周りから「くーちゃん」と呼ばれてる九里子は

設定の年齢が一回り若いけど麻生久美子しか思い浮かばなくなった。


気性の強い春生のお姉さんは小泉今日子。


秘書の三浦さんは これも一回り若いんですけど

canstyleさんの推薦で木村文乃。

これも もう彼女でし思い浮かばなくなった。(笑)


こういう妄想は楽しい。


映画じゃなくても

二時間ドラマでもいいから映像化して欲しい。




うちの場合は 俺が二度 妻が一度大きな手術を経験しました。

俺の病気が転移したとき さすがに直接告知を受けた。

一度目から知っていた妻は 医師の説明が始まる前から息が荒くなり

説明中嗚咽が止まらず しまいには泣き崩れてしまった。

俺自身は 悪いところを切ればいいんだろ的に受け止めていたんですが

妻は病気自体もそうですが それまで俺に黙っていた苦しさもあったんだと思います。


俺はむしろ妻の病気が発覚したときの方がリアル感があり

妻のいない世界を想像し蒼ざめました。

俺には妻が必要なんだとわかりました。


妻がこの本を読んでどう思うのか

ちょっと怖くて聴けません。(笑)




2014/03/31 18:23 書籍 TB(0) CM(4)
コメント
強引にお薦めした上に、キャストの妄想にまでお付き合いいただいて
本当に感謝です☆

いやぁ、虎兄さんのレビュー後半を読んで
目頭が熱くなりました。

以前、桑田佳祐さんのいない世界は想像できないとお話しましたが
そーですね、更に身近な存在の伴侶がいなくなる世界も

今まで想像してなかった。

映画『今度は愛妻家』もそーでしたが
人は失って、初めてその存在の大きさに気づくもので

これまでの生活がとても有意義な日々だったと知るのでしょうね。

先日最終回を迎えたドラマ『謎の転校生』もパラレルワールドの世界を画いたお話です。
この作品では被災地出身の岩井俊二さんが脚本を手がけました。
ある技術を手に入れた人類が、その技術が抑制が効かなくなり
自らの文明を滅ぼしてしまいます。
パラレルワールドに逃げ込んできた人たちは
実はその世界に以前に存在した人達で。。。

人は亡くなると、この世では会えない存在ですが
どこか別の世界ではきっと、息災で生活しているのではないかと思えるお話なので
話のアプローチは違いますが、本質はそれほど違わないんじゃないかと見てて感じました。

東日本大震災を経て発表された
『君のいた日々』や、いとうせいこうさんの『想像ラジオ』は
大切な人を失くして心を痛めた人にとって
優しく寄り添ってくれる作品だと思います。

あっ!長くなってしまいましたね。
素敵なレビューありがとうございました。




2014/03/31 19:02 canstyle URL [ 編集 ]
canstyleさん
いえいえ、まったく強引ではありません。
キャストの妄想も楽しいです。
早く映像化したものを見たいです。

『謎の転校生』は見よう見ようと思ってて結局一回もまともに見てませんでしたが、そう言うストーリーだったんですね。
最近特に体力がなくなって、帰って飯食うと眠くなっちゃうんです。
あの時間帯のドラマは起きてようと思ってるので録画もしないで見逃す繰り返しです(笑)

二度目の手術のあと
『大丈夫?』って声で目が覚めたんですね。
麻酔が切れたばかりなので視覚もボンヤリとして
顔がよく見えなかったんですが
話した唇の口紅の色と甘い香水の香りで妻だとわかりました。
なんだかそれで気持ちがとても楽になったんです。
でも、あとでその話をしたら妻ではないと言うんです。
マスクをしてたので口紅の色が見えるはずないし
その日は香水も付けてなかったって言うんです。
俺は一瞬パラレルワールドに迷い込んだんでしょうか(笑)

死んだ人が別の世界で行き続けてるって思うこと
死んだ人に語りかけること
知らないうちにみんな想像ラジオしちゃってますね
そう言えば。





2014/04/01 13:25 虎馬 URL [ 編集 ]
奥様とのエピソードは心にグッと来ました。
やはりフィクションよりノンフィクションの方が
説得力あります。

小保方さんのよーにモメないためにも
今から言っておきます
私が文筆家デビューしたら、このネタ使わせてください。

おつかれジャイアントコーンのつぶやきの件。
何度かつぶやいたのですが
普通にやってる当たり前の事をいちいち呟くのに
若干ストレスを感じてます(^_^;)
2014/04/03 10:34 canstyle URL [ 編集 ]
canstyleさん
小保方氏に食われて佐村河内の話はさっぱり流れて来なくなりましたね。(笑)


>私が文筆家デビューしたら、このネタ使わせてください。


そうぞどうぞ。

サイン本頂戴ね!

なんなら指示書も書きます(笑)


>おつかれジャイアントコーンのつぶやきの件。


特におつかれ系じゃなくても

通常のつぶやきにハッシュタグ付けちゃえばいいんだよ。

俺もそうするよ。
2014/04/03 22:10 虎馬 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://gateofpromisedland.blog.fc2.com/tb.php/282-8224c016
マーガレット

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
検索フォーム