bg_jk.gif
女優・綾瀬はるかをゆる~く傍観していきます。
プロフィール

虎馬FC2

Author:虎馬FC2

FC2カウンター
ツイッター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
キャプチャud



貼り付けたのは『海街diary』の第5巻「群青」の8、9ページ。

長女・幸が師長に新設する緩和ケア病棟へ誘われているシーンです。


『海街diary』の映画を観た頃は元気だった叔父が末期がんを患い

この緩和ケア病室に転室されたのが先週。

不謹慎にも ここでの優しい看護師さんを見る度

綾瀬はるかを妄想してしまったダメな俺です。



1か月前には姉である俺の母親と

『もう充分幸せだったでしょ。いつ死んでも悔いはないでしょ?』

『うん。いつ死んでもいいよ。』

と、直球の投げ合いを披露したり

2週間前には 見舞いに行った理学療法士の長男に

動かなくなった『脚を看てくれ』とせがみ

マッサージを始めてしばらくすると汗ばんできて

『もう一度歩けるようになるかな?』

『筋肉が付けば大丈夫』

そんな会話もできていたのに

昨日、ついにお迎えが来てしまいました。



タイトルの話はこれからです。


今年に入って 小学校、中学校、高校の同窓会の誘いが立て続けにありました。

学校自体の節目やら幹事の事情やらが重なったのか

生きている内にという歳にもなったんだと思います。

11月の初めにもらった中学の友人からの連絡に衝撃を受けました。

懐かし話をしてるうち

初恋の人が亡くなっていたことがわかったんです。

彼女とは小中と同じ学校で
同じクラスで学級委員を一緒にやったこともありました。

彼女の家は駄菓子屋で
彼女見たさに毎日もんじゃを食べに行った時期もあります。

好きだなんて勿論言えず中学に上がり
彼女は合唱部
拓郎にやられた俺はフォークソング部に入りました。
一年生の夏に俺は都内の社宅から家を建てた千葉ヘ引っ越しましたが
そのまま越境通学をしていました。

三年生になって彼女は突然
『自分たちの歌いたい歌を歌いたい』と
合唱部から相棒を連れてフォークソング部ヘ転部
してきました。

チューインガムのコピーを演ってました。

が、その相棒が夏休み中に親の仕事の事情で転校してしまい、しばらくは後輩にギターを習ったりしてましたが

学園祭の発表会の時期が迫ると
彼女は部活ではひとりぼっちになってしまいました。

見るに見かねてという上からの気持ちではなく
曲がりなりにも初恋の人であるし

引っ越した俺は千葉の高校を受けるつもりだったので
中学最後の記念にと

『一緒にやらないか』

と、思いきって誘ってみたのだった。

『いいよ』

意外にも彼女は食い気味で返事をくれた。



拓郎オンリーのその頃の俺は

ふたりで歌うのは『春の風が吹いていたら』しか思い浮かばなかった。

空中録音でカセットに録り

『歌えそう?』

彼女に感想を聴くと

『犬の鳴き声以外は大丈夫』

音を大きめに出して録音したから
犬が驚いて鳴いたのも入ってしまったのだ。
空中録音だから。

本番まで、放課後の屋上で毎日練習した。

合唱部上がりの彼女の声はおけいちゃんより
綺麗で通る歌声で それに比べて
なんだか俺の歌は余計ダサさを強調された感じになってしまった(笑)。

彼女の歌声が溶けていった屋上から見た青空は今でも脳裏に残っています。

学園祭は講堂で、演劇部やら合唱部やらの後にフォークソング部
最後にブラスバンドという順番だった。


ステージに上がるとある女の子と目が合った。

俺がその頃密かに好きだった下級生だった。

友人の妹の同級生で
鉛筆が折れたときに『もげちゃった』と言った日から
みんなから、もげちゃんと呼ばれている娘でした。

男女のデュエットを見て観客は
なにやら歌う前からヒューヒューとひやかす連中もいました。

そんなざわざわを納めようと

俺はつかみのつもりで、彼女と自分を交互に指差し

『付き合ってませんから』

と、言ってみた。

大爆笑だった。


そして、勝手にカッティングだけのアレンジをした『春の風が吹いていたら』を弾き始めた。


彼女の歌声の勝利だったと思う。

滅茶苦茶に受けた。

アンコールの大合唱まであった。


が、

ステージを降りた瞬間から彼女は
何が気に入らないのか
まったく俺と口をきかなくなった。

そして、その理由を聴けないまま卒業して
その後、まったく会っていないのだ。


今から思えば おかっぱで目が小さくてこけしみたいだった彼女。

俺を嫌いになった理由を聴く術はもうない。






2015/11/30 18:03 雑感 TB(0) CM(6)
コメント
あと2週間で「海街diary」のDVDが出ますね

いくつか確認したい点があり楽しみにしているのですが、じっくり確認したら拙クソブログに記事を掲示します。

さて、この記事を拝読していて 今更ながら私は自分に関して重大な事実に気づきました。

俺、中・高と文化祭に一度もまともに参加した事無ぇや と。

2015/12/01 20:28 ブタネコ URL [ 編集 ]
ブタネコさん
海街diaryのDVDは俺も楽しみに待ってます。

どうかお手柔らかに(笑)。


学生時代からアウトローだとは思っていましたが…

学校行事には絶対出ない
ブタネコさんは介ちゃんですか(笑)。

2015/12/02 06:10 虎馬 URL [ 編集 ]
後半の話は甘酸っぱく、せつないエピソードですね。
読んでいて脳内に映像が浮かんできました。

このエピをたたき台に草案を練って、最終的には映像化したいので、原作者の承諾願います。
↑君は映像業界の人じゃないだろ(^_^;)

ブタネコさんのブログは、いつも興味深く拝読してます(^-^)
2015/12/02 12:36 canstyle URL [ 編集 ]
canstyleさん
映像化するなら、もっと俺をかっこよく脚色してほしいです(笑)。

あまり詳細に書いてしまうと、昔の同級生に見つかってしまうかと本文では控えましたが

俺はあの後、もげちゃんにも壮絶にフラれ
彼女は卒業公演で、よりによって俺が一番嫌いな奴と組んで歌い
部活ではその後長らく、『春の風が吹いていたら』を歌ったカップルは別れてしまうという伝説が定着したり

なんだか俺はその場所を追われるように高校に進学したのでした(笑)。

2015/12/02 16:23 虎馬 URL [ 編集 ]
うわわ!
脳内で想像する展開よりも
現実に起こった事の方がよっぽどおもしろい(^-^)
↑おもしろいって表記は失礼ですよね。ごめんなさい。
2015/12/03 10:47 canstyle URL [ 編集 ]
canstyleさん

そういうところをいじられるのが必至なので

同窓会には今まで行ったことがありません(笑)。
2015/12/03 12:55 虎馬 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://gateofpromisedland.blog.fc2.com/tb.php/629-2b74cb57
マーガレット

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
RSSリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
検索フォーム