bg_jk.gif
女優・綾瀬はるかをゆる~く傍観していきます。
プロフィール

虎馬FC2

Author:虎馬FC2

FC2カウンター
ツイッター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
キャプチャna


ひろPOPさんに紹介された『夏ノ日、君ノ声』を早速レンタルして観てみました。



キャプチャn21



ヒロインの舞子は しばらく美山加恋と勘違いしていました。



キャプチャn23



それは 美山加恋と『ラーメン大好き小泉さん』で共演していた古畑星夏に引っ張られたかも知れません(笑)。


キャプチャn22


舞子の母親役は菊池麻衣子です。



キャプチャnat



物語は、倦怠期を迎えた哲夫とユカが それぞれ郷里に戻るところから始まります。


キャプチャn4


実家で音声補助装置を見つけ
14年前に思いを馳せる哲夫。

何度も使いまわされたパターンだ。


キャプチャn7


17歳の哲夫は病院で出会った舞子に好意を抱くが
彼女は難病の影響で聴覚を失い声も出せない女の子だった。

難病ってどんな病気なのかは説明がなく
観ていて彼女の境遇をすんなり理解できない。納得いかない。


キャプチャn5


でも、声が出ない分 舞子の明るさ、表情の豊かさに観ている俺は救われた。
哲夫が好きになったのもわかる。


キャプチャn9



哲夫に好意を持つユカが 哲夫と舞子の仲を裂こうとあれこれ根回しするんですけど
そういうことがあっての14年後 なんで、哲夫はユカと同棲してるの?


ただ、声の出せない女の子との恋愛を描きたいために
他の設定があま過ぎて 物語に没頭できなかった。

冒頭の映像とつながる ラスト近くのファンタジーなんかとってもいいのに
もう少し煮詰めて欲しかった。


2016/07/19 16:53 映画 TB(0) CM(2)
コメント
虎馬さん、こんばんは。
虎馬さん、こんばんは。
いつもお世話になります。
よろしくお願い致します。

>ひろPOPさんに紹介された『夏ノ日、君ノ声』を早速レンタルして観てみました。

お忙しい中、ご覧下さって、尚且つ、レビューをアップして下さって、誠にありがとうございます。
良い所もありましたが、惜しい所もある作品でしたね。
もう一息って言う感じでしょうかね。

>ヒロインの舞子は しばらく美山加恋と勘違いしていました。

仰るとおり、確かに、似ていましたね。
あと、志田未来さん、宮崎あおいさん、二階堂ふみさん辺りにも、ルックス&雰囲気が、似ているように思いました。

>難病ってどんな病気なのかは説明がなく
観ていて彼女の境遇をすんなり理解できない。納得いかない。

仰るとおり、確かに、何の病気なのか?今までの過去は?などなど、色々と説明不足があり、納得いかない部分もありましたね。

>でも、声が出ない分 舞子の明るさ、表情の豊かさに観ている俺は救われた。
哲夫が好きになったのもわかる。

同感ですね。
とにかく、舞子の表情の豊かさに救われましたね。
特に、笑顔が、とても印象的でしたね。
哲夫が好きになる気持ち、分かりますよ。

>舞子の母親役は菊池麻衣子です。

あの初々しかった、香織役の菊池麻衣子さんが、新たな青春ラブストーリーで、今度は、立派な母親役を好演されていたのは、何だか、感慨深かったですね。

>ただ、声の出せない女の子との恋愛を描きたいために
他の設定があま過ぎて 物語に没頭できなかった。

>冒頭の映像とつながる ラスト近くのファンタジーなんかとってもいいのに
もう少し煮詰めて欲しかった。

あのラスト近くのファンタジーは、とても良かったですね。
「薄れゆく記憶のなかで」の衝撃のラストでの思い出の場所(史節橋)で、主人公の男性の前に意外な人物が・・・。と本作の思い出の場所(灯台)で主人この男性の前に意外な人物が・・・。この二つのシーンは、少し、ダブりました。
もう少し煮詰めてくれれば、もっと良い作品になったかもと思うと、ちょっと惜しい作品でしたね。
ただ、ラストシーンの段ボール箱のはなまるは、ほっこりしました^^
それでは、失礼致します。
2016/07/20 19:53 ひろPOP URL [ 編集 ]
ひろPOPさん
ハードルを下げてというアドバイスを戴いていたので
いろいろ書きましたが 悪くなかったですよ(笑)。


とにかく 荒川ちかちゃんが不思議に可愛かった。

海へチャリでデートのとき

服を誉めて~って仕草がツボでした(笑)。



耳が聴こえなくて声が出なくても

普通に読み書きができるレベルまで来るには

かなりの努力が必要だったと思います。

何故かそういう目線で舞子を見ると健気でたまりませんでした。


>立派な母親役を好演されていたのは、何だか、感慨深かったですね。


思ったより出番が少なくて残念でした。



>「薄れゆく記憶のなかで」の衝撃のラストでの思い出の場所


ひろPOPさんに薦めてもらわなければ見ることがなかった作品です。

あのラストは本当に衝撃でした。

そしてあの丘に埋めた手紙を想うと

今でもせつないです。

2016/07/21 23:03 虎馬 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://gateofpromisedland.blog.fc2.com/tb.php/728-d612685a
マーガレット

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
検索フォーム