bg_jk.gif
女優・綾瀬はるかをゆる~く傍観していきます。
プロフィール

虎馬FC2

Author:虎馬FC2

FC2カウンター
ツイッター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
キャプチャp1
キャプチャ03



五輪メダリストパレードに80万人!


2020年はいったいどのくらいのパレードになるんだろう?



達郎の音源が拾えなかったので

EPOの『パレード』を。








2016/10/08 06:52 雑感 TB(0) CM(12)
コメント
虎馬さん、こんばんは。
虎馬さん、こんばんは。
いつもお世話になります。
よろしくお願い致します。

いや~、今回の五輪メダリストパレード、当日は、大勢の方々がいらっしゃって、とても賑わって、盛り上がりましたね。
僕も、テレビ番組のニュースで、少しだけ見ましたが、画面から「熱気」や「興奮」や「感動」が、伝わって来て、グッと来ました♪
金メダルのタカマツペア&銅メダルの奥原希美選手のバトミントン三人娘の写真をアップして下さって、ありがとうございます。
とても癒されました♪
リオオリンピックでは、バドミントンが、こんなに、手に汗握る、スリリングで、面白いスポーツなんだなあ~って、嬉しい発見が、あって、凄く好きなスポーツになりました。
東京オリンピックも、楽しみですね♪
パレードのニュースで、どなたかが、仰っていたのですが、今回のパレードに参加した選手の中では、やはり、卓球の愛ちゃんと体操の内村選手の人気は、凄かったそうですよ。(記憶違いでしたら、ごめんなさい。)


>2020年はいったいどのくらいのパレードになるんだろう?

2020年の東京オリンピックは、日本での開催なので、他の国での大会以上に、日本人の選手にとっては、「思い入れ」が強い大会だと思うので、選手の皆さんも、見物するお客さまの皆さんも、更に、盛り上がり、賑やかなパレードになりそうですね♪

>達郎の音源が拾えなかったので

EPOの『パレード』を。

名曲をアップして下さって、ありがとうございます。
やっぱり、達郎さんの手掛けた曲は、素敵な曲が多いですね♪
歌詞、メロディー共に、素晴らしくて、思わず、聴き入ってしまいました。
この頃のシティ・ポップス系の音楽って、歌詞も、一つ、一つの言葉を丁寧に歌われているので、聴き取り易いし、メロディーも、ポップで、キャッチーで、耳触りが、良くて、最高だと思います。
EPOさんと言えば、ひょうきん族のエンディングテーマの「DOWN TOWN」も、良い曲ですね♪

季節の変わり目で、寒暖の差がありますので、体調管理には、十分に、注意して、元気にお過ごし下さいね。
それでは、虎馬さん、素敵な三連休をお過ごし下さいね♪
失礼致します。
2016/10/09 00:35 ひろPOP URL [ 編集 ]
訂正。
訂正がありました。

>金メダルのタカマツペア&銅メダルの奥原希美選手のバトミントン三人娘の写真をアップして下さって、ありがとうございます。

正しくは、奥原希望選手でした。
大変失礼致しました。

それでは、改めて、失礼致します。
2016/10/09 00:40 ひろPOP URL [ 編集 ]
おはようございます。
オリンピック選手のパレードいいですねぇ。見れるものなら、見たいですよね。

私は来週豪栄道の優勝パレードを見に行く予定です(笑)
寝屋川の2大スターですからね(^^)d
(もう1人は又吉くんです)

オリンピックと言えば卓球の水谷くんに尽きました。
カレーまで買いましたからね(笑)
2016/10/09 08:28 リーダー URL [ 編集 ]
ひろPOPさん

> いや~、今回の五輪メダリストパレード、当日は、大勢の方々がいらっしゃって、とても賑わって、盛り上がりましたね。


ビル工事現場のみなさんが足場にしがみついて見物してるのにはウケました(笑)。

ドームとか5万人くらいが集まる場所は経験済みですけど
80万人てどんなものか、想像できませんよね。


> 金メダルのタカマツペア&銅メダルの奥原希美選手のバトミントン三人娘の写真をアップして下さって、ありがとうございます。


この三人のショットが一番微笑ましかったので切り取ってみました。

でも、やっぱりこの中に栗原文音ちゃんも入って欲しかった(笑)。
年齢的に東京は微妙ですよね。

バドミントンペアはオグシオとかタカマツとか
二人の苗字を短縮して呼ぶのが習慣みたいになっていますが
そうなるとどうしても、とても放送では流せない苗字の組み合わせを期待しちゃいます。
たとえば?
ここじゃ書けません(笑)。



> パレードのニュースで、どなたかが、仰っていたのですが、今回のパレードに参加した選手の中では、やはり、卓球の愛ちゃんと体操の内村選手の人気は、凄かったそうですよ。(記憶違いでしたら、ごめんなさい。)


この二人の人気は間違いないでしょう。

関係ないですけど、柔道の田知本遥ちゃんはかなりの美人だと思うんですけど、お姉さんは大分印象が違いますよね(笑)。
同じ家に生まれ育ったのに体型もまったく違うのが不思議です。
でも、って言うことは、お姉さんもシェイプアップすればかなりの美人になるのかも。
そう考えると美人であるかそうでないかは
ちょっとした輪郭とか配置の微妙なものなのかも知れませんね(笑)。



>

> 2020年の東京オリンピックは、日本での開催なので、他の国での大会以上に、日本人の選手にとっては、「思い入れ」が強い大会だと思うので、選手の皆さんも、見物するお客さまの皆さんも、更に、盛り上がり、賑やかなパレードになりそうですね♪


今回が80万人ですから東京五輪は倍くらい行くでしょう。
東京都民の十分の一が銀座に集まったらどうなるんでしょう(笑)。


> やっぱり、達郎さんの手掛けた曲は、素敵な曲が多いですね♪
> 歌詞、メロディー共に、素晴らしくて、思わず、聴き入ってしまいました。
> この頃のシティ・ポップス系の音楽って、歌詞も、一つ、一つの言葉を丁寧に歌われているので、聴き取り易いし、メロディーも、ポップで、キャッチーで、耳触りが、良くて、最高だと思います。


正に。

昔の流行りの歌って、大抵の人が歌えましたよね
今流行りの歌って、まったく歌えない。
それは俺に問題があるのかも知れませんけど。



> EPOさんと言えば、ひょうきん族のエンディングテーマの「DOWN TOWN」も、良い曲ですね♪


EPOは体育大学出身で、デビュー曲のカバーのセンスもいいし
それはそれは伸び伸びと健やかに育てられたのかな思っていましたが
最近になって母親との長い確執があってかなりな辛い状況で学生時代を送ったことを知りました。
音楽はその逃げ道だったのかな。
分からないものですよね。


> それでは、虎馬さん、素敵な三連休をお過ごし下さいね♪


残念ながら今日も明日も仕事です(笑)。

頑張ります。


2016/10/09 14:01 虎馬 URL [ 編集 ]
リーダーさん

> オリンピック選手のパレードいいですねぇ。見れるものなら、見たいですよね。


東京は一度やってるんだから2020年は大阪五輪でもよかったですよね。


>
> 私は来週豪栄道の優勝パレードを見に行く予定です(笑)


いいですね~(笑)。

下ネタっぽくなっちゃいますけど
2年くらい前に大竹まことのラジオで
アシスタントの眞鍋かをりが
豪栄道の乳首は自分のと似ていると言い出して
偶然にもそれから豪栄道の勝ち星が増え
大関まで一気にかけ上って行きました。
それから俺も豪栄道に注目してます
…乳首を(笑)。


> 寝屋川の2大スターですからね(^^)d
> (もう1人は又吉くんです)


綾部は何を考えているんでしょうね
でも、相方がいきなり芥川賞を取れば
そりゃいろいろプレッシャーかかるよね
逆に又吉に書く時間を取らせたかったのかも。



> オリンピックと言えば卓球の水谷くんに尽きました。

あの漫画みたいなラリーにはビックリしました!


> カレーまで買いましたからね(笑)


ええ、某所で見させて貰いました。

このコメントに影響されて

昼休みは松屋のカレーを食べに行きました(笑)。


2016/10/09 14:44 虎馬 URL [ 編集 ]
虎馬さん、こんばんは。
虎馬さん、こんばんは。
ご無沙汰しております。
よろしくお願い致します。

オリンピックの話題ではなくて、世界選手権の話題で申し訳ないのですが、モーグル決勝で堀島行真選手が初出場で、優勝して、金メダル獲得に感動しました。
地上波のテレビ放送で、見ていたのですが、エアが体操選手並みにカッコ良くて、ターンも、タイムも、全て完璧でした。
平昌オリンピックでも、メダルが期待出来ますね。

>昔の流行りの歌って、大抵の人が歌えましたよね
今流行りの歌って、まったく歌えない。

激しく同意致します。
最近、FMの音楽番組で、UNISON SQUARE GARDENの「シュガーソングとビターステップ」を聴いて、ジャンルとしては、ロックなんだけれど、ポップで、キャッチーで耳触りの良い曲で、気に入って、検索して、歌詞を見てみたら、口出すと、噛みそうな、難しい言葉が、沢山並んでいて、これは、歌うのは難しいだろうなあ~って思いました。
映画「君の名は。」(現時点では、未見でございます。)で、今まで以上に、人気が出て、大ブレイクを果たした、RADWIMPSの曲も、早口で、歌詞も、難しい言葉が、沢山、ならんでいて、こちらも、歌うことは、難易度が高そうですね。
音楽のクオリティはとても高いと思います。
あくまでも、個人的な意見ですが、最近のインディーズ系の邦画ロック系の音楽って、あまりメロディーに特徴がない印象があります。昔の邦楽のロックは、「歌謡曲性」も兼ね備わっていたので、BOOWY、バービーボーイズ等の音楽も、とても聴き易かった気がします。ハードロック、ヘビーメタル系の人見元基さんのボーカル時代のVOW WOWも、激しさの中にも、キャッチーさも、あったので、聴き易くて、好きでした。
ビートルズの曲の中で、最も激しい曲と言われている、「へルタースケルター」のカヴァーも圧巻でした!
時代の流れで、音楽も変わって来ましたね。
元WANDSの上杉さんが、J-POPをやっていたことをあまり快く思っていないみたいな記事を読みましたが、僕は、決して、歌謡曲やJ-POPが、ダサいとは思いません。
むしろ、コテコテのJ-POPは、大好きなんですよ。
80年代のシティ・ポップス、90年代のビーイング・サウンドは、良い意味で、歌謡曲に近くて、老若男女問わず、誰もが、口づさめるところが好きでした。
特に、ZARDの「負けないで」は、メロディーも、歌詞も、シンプルで、凄く聴き易かったですね。
今、一番、良い意味で、歌謡曲に近い音楽をやっているのは、最近、放牧宣言をした、いきものがかりでしょうかね。
長文になって、失礼致しました。
今後も、昔の歌謡曲、ニューミュージック、J-POPを愛しつつも、日本の音楽界に注目していきたいと思います♪
それでは、失礼致します。
2017/03/09 20:47 ひろPOP URL [ 編集 ]
ひろPOPさん
> 虎馬さん、こんばんは。
> ご無沙汰しております。


コメントいつもありがとうございます。


> オリンピックの話題ではなくて、世界選手権の話題で申し訳ないのですが、モーグル決勝で堀島行真選手が初出場で、優勝して、金メダル獲得に感動しました。
> 地上波のテレビ放送で、見ていたのですが、エアが体操選手並みにカッコ良くて、ターンも、タイムも、全て完璧でした。
> 平昌オリンピックでも、メダルが期待出来ますね。


デュアルでも優勝してしまいましたね!
通常のワールドカップじゃなくて世界選手権を制したのには意味があります。
種目は違いますが確か荻原健司はワールドカップで3シーズン連続総合優勝をしましたが
世界選手権に買ったのは1度だけだと思います。
スピードスケートの清水宏保は未勝利
あんなに強い高梨沙羅ちゃんでさえ世界選手権では勝てませんでした。
外人選手は大きな大会に絞って調整してくるのがうまいですよね。
その中でバリバリのチャンピオンを破っての連続優勝ですから価値があります。



> 最近、FMの音楽番組で、UNISON SQUARE GARDENの「シュガーソングとビターステップ」を聴いて、ジャンルとしては、ロックなんだけれど、ポップで、キャッチーで耳触りの良い曲で、気に入って、検索して、歌詞を見てみたら、口出すと、噛みそうな、難しい言葉が、沢山並んでいて、これは、歌うのは難しいだろうなあ~って思いました。


聴きました❗

ハイトーンの男性ボーカルとエッジの効いた歌詞は最近の流行りです。
なかなか我々が簡単に口ずさめません(笑)。


> 映画「君の名は。」(現時点では、未見でございます。)で、今まで以上に、人気が出て、大ブレイクを果たした、RADWIMPSの曲も、早口で、歌詞も、難しい言葉が、沢山、ならんでいて、こちらも、歌うことは、難易度が高そうですね。


新海誠監督は『君の名は。』をミュージカルと思ってもらっていいくらいに物語全体に音楽を押し出したかって言ってましたが
まったく。極端に言えば長いPVのようでした(笑)。

運命の人は記憶は消えてしまってるけど
だけどどこかで衝撃的に過ごした事実が微かに五感が憶えていて
いや憶えているからこそまた出会ってしまう。
だから出会いは偶然じゃない。
物語も歌もなんかそういうことを訴えてるような気がしました。

> 音楽のクオリティはとても高いと思います。
> あくまでも、個人的な意見ですが、最近のインディーズ系の邦画ロック系の音楽って、あまりメロディーに特徴がない印象があります。


話は飛びますが
俺の音楽仲間の娘がこの度インディーズデビューしまして
『JIGGY-JADE』というガールズバンドでギターを弾いていますのでよろしくお願いします(笑)。



> 時代の流れで、音楽も変わって来ましたね。
> 元WANDSの上杉さんが、J-POPをやっていたことをあまり快く思っていないみたいな記事を読みましたが、僕は、決して、歌謡曲やJ-POPが、ダサいとは思いません。
> むしろ、コテコテのJ-POPは、大好きなんですよ。
> 80年代のシティ・ポップス、90年代のビーイング・サウンドは、良い意味で、歌謡曲に近くて、老若男女問わず、誰もが、口づさめるところが好きでした。
> 特に、ZARDの「負けないで」は、メロディーも、歌詞も、シンプルで、凄く聴き易かったですね。


結局、はっぴいえんどの松本隆がアイドルに詞を書いたり
そのバックで演奏するミュージシャンもそもそもがロック、ジャズ、ブルース出身がたくさんいますから
上杉が言っているのはジャンルというより商業主義に対するアンチテーゼのような気もします。
中山美穂とのあの時代がなければ今頃音楽をやれていたかどうかもわかないわけですから。


> 今、一番、良い意味で、歌謡曲に近い音楽をやっているのは、最近、放牧宣言をした、いきものがかりでしょうかね。


今、トリビュートとかリメイク流行りでしょ?
それこそが現在のシーンが行き詰まり、昔の音楽を再認識している証拠でもあると思うんですけどね(笑)。


> 長文になって、失礼致しました。
> 今後も、昔の歌謡曲、ニューミュージック、J-POPを愛しつつも、日本の音楽界に注目していきたいと思います♪


いいですね✨
俺より若い世代の人の意見だと思うと嬉しいです(笑)。



2017/03/11 13:47 虎馬 URL [ 編集 ]
ご返信ありがとうございます。
虎馬さん、こんばんは。
ご返信ありがとうございます。

>ハイトーンの男性ボーカルとエッジの効いた歌詞は最近の流行りです。
なかなか我々が簡単に口ずさめません(笑)。

確かに、最近のロックミュージシャンのボーカルって、ハイトーンヴォイスだったり、中性的な声質のヴォーカリストが多いですね。
歌詞も、かなり複雑ですよね。
歌うことも、難しそうですが、言葉数が多すぎて、歌詞を憶えることも、大変そうな気がします(笑)。
日本の音楽グループの女性二人が、「シュガーソングとビターステップ」を見事にカヴァーされていました。
お時間がありましたら、是非!!
         ↓
https://www.youtube.com/watch?v=-lfWAylktfw

>俺の音楽仲間の娘がこの度インディーズデビューしまして
『JIGGY-JADE』というガールズバンドでギターを弾いていますのでよろしくお願いします(笑)。

早速、検索して、曲を聴かせて頂きましたが、メロディーも、カッコいいし、歌詞も、一つ、一つの言葉を大切にしていて、深くて、どちらも、グッと来ました♪
是非応援させて頂きます^^
ご紹介して頂いて、ありがとうございます!

>上杉が言っているのはジャンルというより商業主義に対するアンチテーゼのような気もします。
中山美穂とのあの時代がなければ今頃音楽をやれていたかどうかもわかないわけですから。

なるほどですね。
本人は、とんがった音楽をやりたい。でも、周りは、ヒットする可能性が高い、大衆性の強い万人受けする音楽をやらせたい。
その辺に、上杉さんは反発されたのかもしれませんね。
あのまま、WANDSを辞めなければ、将来、約束されていたのに、それを押しのけてまでも、やりたい音楽があったんですね。
上杉さん以外にも、自分のしたい音楽がやれなくて、周りから、やらされているみたいなミュージシャンがいるのかもしれませんね。
そう考えると、音楽って、難しいですね。
ちなみに、僕は、マニアックな音楽よりも、大衆性の強い万人受けする音楽の方が、好きですけれどね♪

季節目の変わり目ですが、体調に気をつけて、健康で、元気に、お過ごし下さいね♪
それでは、失礼致します。
2017/03/11 23:55 ひろPOP URL [ 編集 ]
追記。
>日本の音楽グループの女性二人が、「シュガーソングとビターステップ」を見事にカヴァーされていました。

グループ名を書くのを忘れていました。
goosehouseっていう、日本の音楽グループだそうですよ。
それでは、改めて、失礼致します。
2017/03/12 00:08 ひろPOP URL [ 編集 ]
ひろPOPさん

> 確かに、最近のロックミュージシャンのボーカルって、ハイトーンヴォイスだったり、中性的な声質のヴォーカリストが多いですね。
> 歌詞も、かなり複雑ですよね。
> 歌うことも、難しそうですが、言葉数が多すぎて、歌詞を憶えることも、大変そうな気がします(笑)。


俺たちの世代はサザンオールスターズがデビューしたとき同じようなことを思ったんですよ。
譜割とかメロディ重視後詞というか
初めて聴くとき先が読めない音楽ってそれまで体験してませんでしたから。
でも、いつしかそれが普通になっちゃうんですね。
吉田拓郎曰く、今の音楽シーンは桑田佳祐以前と以後に別れているというくらい吉田拓郎自身も桑田佳祐に衝撃を受け影響されているようです。
今は簡単に世界中の音楽情報が入ってくるし
子供の頃からそれにインスパイヤされている若い世代が作る音楽はそれはもう驚くばかりです。


> 日本の音楽グループの女性二人が、「シュガーソングとビターステップ」を見事にカヴァーされていました。
> お時間がありましたら、是非!!
>          ↓
> https://www.youtube.com/watch?v=-lfWAylktfw


聴きました❗
凄い!凄い!
完全に自分のものにしてますね!
考えるより身体が反応しちゃうんだろうなあと思います。



> 早速、検索して、曲を聴かせて頂きましたが、メロディーも、カッコいいし、歌詞も、一つ、一つの言葉を大切にしていて、深くて、どちらも、グッと来ました♪
> 是非応援させて頂きます^^
> ご紹介して頂いて、ありがとうございます!


父親である友人も今でもアコギで地味にライブ活動をしています。
うちの息子たちにも音楽をやってもらいたかったんですが
それぞれバスケとサッカー漬けで叶いませんでした(笑)。



> なるほどですね。
> 本人は、とんがった音楽をやりたい。でも、周りは、ヒットする可能性が高い、大衆性の強い万人受けする音楽をやらせたい。
> その辺に、上杉さんは反発されたのかもしれませんね。
> あのまま、WANDSを辞めなければ、将来、約束されていたのに、それを押しのけてまでも、やりたい音楽があったんですね。
> 上杉さん以外にも、自分のしたい音楽がやれなくて、周りから、やらされているみたいなミュージシャンがいるのかもしれませんね。
> そう考えると、音楽って、難しいですね。
> ちなみに、僕は、マニアックな音楽よりも、大衆性の強い万人受けする音楽の方が、好きですけれどね♪


ホントに難しいですよね。
ご存じでしょうが、レイジーは、かまやつひろしが見つけて業界に入ったんですけど
やはりメタルの時代じゃなかったので
アイドル路線へ。
大分遠回りさせてしまったと、かまやつひろしは後悔してたようです。


>
> 季節目の変わり目ですが、体調に気をつけて、健康で、元気に、お過ごし下さいね♪
> それでは、失礼致します。


お気遣いありがとうございます。
追記の件も了解です(笑)。

2017/03/12 08:42 虎馬 URL [ 編集 ]
こんにちは。
虎馬さん、こんにちは。
いつもお世話になります。
よろしくお願い致します。

>聴きました❗
ハイトーンの男性ボーカルとエッジの効いた歌詞は最近の流行りです。
なかなか我々が簡単に口ずさめません(笑)。

最近、ハマっている、UNISON SQUARE GARDENの「シュガーソングとビターステップ」のPVを見て、面白い発見をしました。
PVのドラマパートのヒロインの飯田祐真さんが、朝、起きて、あくびをしたときは、音楽パートで、演奏&歌っている、ユニゾンのメンバーも、同じように、あくびをしたり、飯田祐真さんが、会社の憧れの男性に挨拶してもらったり、会話して、嬉しい気分になったときは、ユニゾンのメンバーが「お熱いねお二人さん。」って、暑苦しそうなポーズをとったり、飯田祐真さんが、ルンルン&ウキウキ気分で、スキップしているときは、ユニゾンのメンバーが、演奏している、空間が、斜めに、傾いたり、まるで、飯田祐真さんの頭の中で、ユニゾンのメンバーが演奏している?みたいで、映画「脳内ポイズンベリー」を彷彿とさせる内容で、とても楽しいPVだと思います♪

https://www.youtube.com/watch?v=3exsRhw3xt8

ミュージシャンのPVだた、ドラマ仕立ての作品やショートムービー仕立ての作品って、楽しい気分になりますね^^

それでは、素敵な週末をお過ごし下さいね♪
失礼致します。
2017/04/01 17:50 ひろPOP URL [ 編集 ]
ひろPOPさん

> 最近、ハマっている、UNISON SQUARE GARDENの「シュガーソングとビターステップ」のPVを見て、面白い発見をしました。
> PVのドラマパートのヒロインの飯田祐真さんが、


検索したらこの子、ダンスも写真も本格的みたいですね。
昔みたいに、ただ可愛いだけじゃ女優が成り立たない時代になりました。
やっぱりAKBがいろいろな面で底上げしてるのかな。



朝、起きて、あくびをしたときは、音楽パートで、演奏&歌っている、ユニゾンのメンバーも、同じように、あくびをしたり、飯田祐真さんが、会社の憧れの男性に挨拶してもらったり、会話して、嬉しい気分になったときは、ユニゾンのメンバーが「お熱いねお二人さん。」って、暑苦しそうなポーズをとったり、飯田祐真さんが、ルンルン&ウキウキ気分で、スキップしているときは、ユニゾンのメンバーが、演奏している、空間が、斜めに、傾いたり、まるで、飯田祐真さんの頭の中で、ユニゾンのメンバーが演奏している?みたいで、


見せてもらいました(笑)。
楽しいPVですね!
バンドの演技は相当練習したはずです。
そして映像がとっても綺麗。
お金がかかってると思います。
先の女優の話と被りますけど
CD自体が売れなくなってるから
付加価値としてのPVも単なるイメージ映像ではなくて
ドラマ性やら、PV単独でも見応えのあるもの
たとえば浜田省吾の『君と歩いた道』なんか
映像が良過ぎて、元々の楽曲がPVのBGMに思っちゃうものまでありますよね(笑)。




映画「脳内ポイズンベリー」を彷彿とさせる内容で、とても楽しいPVだと思います♪


この映画は観てませんけど
映画館の予告編などで内容はだいたいわかります。
言われてみればそうですよね(笑)。



> ミュージシャンのPVだた、ドラマ仕立ての作品やショートムービー仕立ての作品って、楽しい気分になりますね^^


PVのエンドロールに書き込まれたスタッフの数を見ると
本当に現代の音楽業界は音楽以外でも頑張らなければならない大変な業界だと思います。
もちろん観る側は楽しければいいんですけど(笑)。


2017/04/02 12:59 虎馬 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://gateofpromisedland.blog.fc2.com/tb.php/755-e884efe0
マーガレット

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RSSリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
検索フォーム