bg_jk.gif
女優・綾瀬はるかをゆる~く傍観していきます。
プロフィール

虎馬FC2

Author:虎馬FC2

FC2カウンター
ツイッター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
キャプチャsk70



連休中にドラマを一気見してて

ソラノウタについてもちょっとだけ考えたことがあって

それを書いてみたいと思います。


写メしたのは このドラマのファンと名乗るなら当然持ってるDVDBOXで

案外しっかりした作りのソラノウタが特典として同封されています。



キャプチャsk2


早速、ドラマの画面でソラノウタの内容を紹介していきます。


キャプチャsk3


『生きていくあなたへ』と言う亜紀の声だけで

もう十分に泣けるんです。


何度も観て内容はわかっているのに

亜紀が死んで17年後のシーンなので

不意を突かれた気持ちになっちゃうのかな

久しぶりに懐かしい声を聞いた錯覚に陥ってしまうんです。





キャプチャsk4
キャプチャsk5
キャプチャsk6
キャプチャsk7
キャプチャsk8
キャプチャsk9
キャプチャsk10
キャプチャsk11
キャプチャsk12
キャプチャsk13
キャプチャsk14
キャプチャsk15
キャプチャsk16
キャプチャsk17
キャプチャsk18
キャプチャsk19
キャプチャsk20
キャプチャsk21
キャプチャsk22


ここまでは 亜紀が大好きだったアボリジニの詩なんですが


キャプチャsk
キャプチャsk1


そもそも ソラノウタは アボリジニの詩と真島くんの絵と朔太郎の写真を編集したもので

それは…


キャプチャs34


絵本を編集する仕事がしたいという

亜紀の将来の夢でもあったのだが

検証したいのはこの後



キャプチャsk23


ここからの詩は亜紀のオリジナルです。


キャプチャsk24
キャプチャsk25
キャプチャsk26
キャプチャsk27
キャプチャsk29
キャプチャsk30


おまえは最後に聞く

隣のあの子はどこへ行ったの?


すると私は答えるだろう

もう見えないよ

なぜなら、おまえの中に いるからさ


おまえの脚は、あの子の脚だ





自分は死んで朔太郎と同化する。

亜紀はこの考えをどこで手に入れたのだろう?

朔太郎は亜紀の死後17年

亜紀の骨を持ち続けて亜紀の死を受け入れられず過去を彷徨っていたのに。



キャプチャsk60
キャプチャsk61


俺は 朔太郎のおじいちゃんのことをヒントに

亜紀がソラノウタを完成させたんじゃないかと思っています。


キャプチャsk39
キャプチャsk40
キャプチャsk42
キャプチャsk43
キャプチャsk44


原作では おじいちゃん自ら朔太郎にこの詩の意味を説明してますが

亜紀は谷田部先生にその意味を享受してもらいます。


キャプチャsk45
キャプチャsk46
キャプチャsk47
キャプチャsk48
キャプチャsk49
キャプチャsk50
キャプチャsk51


諸々の理由で愛し合っていても生き別れて別の人生をおくった

朔太郎のおじいちゃんと元カノのサトさん


キャプチャsk80
キャプチャsk81
キャプチャsk83


出征時、サトさんが見送ったであろう駅で

せめて死後の世界で一緒になりたいという

おじいちゃんの願いを朔太郎と共に叶えてあげた亜紀は

自分の死後 朔太郎が右往左往しないように

自分は死ぬことですでに朔太郎と同化したんだよと

朔太郎に伝えたかったんじゃないか

朔太郎と生きることで

死ぬことに負けたくなかったし


それが亜紀の性格だから。



キャプチャsk31
キャプチャsk32
キャプチャsk34
キャプチャsk35



コメント
考察が私自身中々止まらないです
プチ考察といいながら、深い考察に驚いています。
7/2が近いので、以前の虎馬さんのセカチューに
関する記事も含め、私見を述べさせてください。

「10年目のドラマ版『世界の中心で、愛をさけぶ』 喪失篇}:

亜紀と、小林親子(特に明希)の比較はコメント
しようと思いましたが、虎馬さんには
納得がいかないものがあるようですし、その点
についてのコメントは今回控えます。

>亜紀は死んだことで 永遠に朔太郎の恋人になった。

亜紀は死んだことで、亜紀はサクに同化したという風に私は解釈しています。
(プチ考察の本記事にも記述されておりますが)

緒方サクは、亜紀を失ったことで、本能的に「生」「生命」に、より
敏感になった、欲求が出たと感じています。

明希が一樹を出産することに、周りは反対したけど、緒方サクだけは
賛成したとか、
「亜紀の死」をずっと受け入れられず(避けていた)、海に入水自殺しよう
としたものの、結局できず、明希に「本当は生きたいんだな」
と言っていることからそう感じます。

実際のところ、ここで明希が「亜紀さんは松本君の中で生き続けている」
とか最終話の場面で
「亜紀さんの骨が松本君に頑張れって言ってくれたんじゃないの?
それに松本君は応え続けていた」とかあり、サクに亜紀は
同化していた感じがこの辺りにも伺えます。

12年目のドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』の記事での
「想い出にリサイズ」という表現は上手いと感じました。

本記事のソラノウタの考察部分で最後に
「がんばれ」(サクちゃん(ホイッスル付き))
もかなり深いと思っています。
「もう見えないよ なぜなら、おまえの中にいるからさ
おまえの脚は、あの子の脚だ 」というのは、
亜紀がサクに同化することにより、
亜紀は(緒方)サクの一部となって(同化して)、
姿は見えなくても(亜紀に関する記憶が薄れようとも)、
一緒に生きて行こうというメッセージと思っています。

あれが「ありがとう」とかのメッセージだと「ソラノウタ」
に象徴されるこのドラマのテーマ(死生観)に合わない
と思っています。
亜紀とサクの純愛のみで、そこで死別で終わってしまうとこのドラマに
ここまで私は惹きこまれることはないと思っています。
このドラマは死を描いたものでなく、ソラノウタに記述されている諸々のこと
(再生など)を描いているなと感じます。

長々と書いてしまい、すいません。
1話の「松本君」と亜紀がサクに初めて声を
かけたシーンからグイグイこのドラマに惹きこまれました。またあの夏が来ます。


2017/06/17 08:20 すぎこう URL [ 編集 ]
すぎこうさん
> プチ考察といいながら、深い考察に驚いています。


いろいろ読んでくださってありがとうございます(笑)。

ソラノウタの意味や意義がチラッとわかったような気がして書こうと思いました。

それは亜紀が死ぬ意味を探していたことと同じで

結局亜紀は負けず嫌いだから
死ぬことに負けたくなくて
朔太郎と同化するという考えに至ったという結論です。


2017/06/18 13:33 虎馬 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://gateofpromisedland.blog.fc2.com/tb.php/871-f7851bab
マーガレット

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
検索フォーム