bg_jk.gif
女優・綾瀬はるかをゆる~く傍観していきます。
プロフィール

虎馬FC2

Author:虎馬FC2

FC2カウンター
ツイッター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
キャプチャse40



昨日の7月2日は ドラマ版『世界の中心で、愛をさけぶ』が放送されて13年目の記念日だった。

この日は 毎年のようにドラマの記事を書いているわけでしたが

今年は何か足りない。


そう、初めて ブタネコさんのいない世界で この日を迎えたのだった。


最後に電話で話をしたのは 去年の7月7日。

当然、このドラマの話をしたとは思うが

想い出そうとすると 未だに胸がざわざわして辛くなる。



13年前に放送された7月2日の夜10時に合わせて 第1話を再生してみた。



キャプチャse


赤茶けた崖に佇む朔太郎。

流れてくる『朔と亜紀』に 今も釘づけになる。


キャプチャse5
キャプチャse6
キャプチャse7
キャプチャse8
キャプチャse10
キャプチャse11
キャプチャse12
キャプチャse13


何度も繰り返しドラマを観た俺にとって

朔太郎のフラッシュバックは俺自身の記憶でもある。


キャプチャse19
キャプチャse20
キャプチャse21
キャプチャse22
キャプチャse23
キャプチャse25
キャプチャse26
キャプチャse27
キャプチャse28
キャプチャse29


ラジオの投稿ハガキが ラジオネーム、きっかけ、それからの年数…

これだけ自分の過去と一致していれば 俺だってあるはずがないことを信じて

過去へのトンネルに飛び込んでしまうだろう。


キャプチャse31
キャプチャse32
キャプチャse33
キャプチャse34
キャプチャse35


この娘に罪はありません(笑)。


キャプチャse37
キャプチャse38
キャプチャse39







俺は亜紀のいない世界にもう13年も


いる。








コメント
こんにちは。

キャプチャされているもので、
緒方サクが倒れているところは凄い大げさと当時思いました。
この後1987年の山田サクの場面に代わって
開放感を感じました。ギャップが凄い。

私的には、この時点では緒方サクは閉塞感、
山田サクに解放感がありましたが、
後半山田サクの手詰まり感、緒方サクに
少しずつ解放感の兆しを感じました。

当時このドラマをオンタイムでブログにつづっていたkuma6663さんが
最終回好きなシーンをキャプされており、私と共通する物を感じましたが、
何度かドラマを観ると緒方サクが「走りたいだろう、亜紀」という時の表情が
それまでのギャップもあるのか、ようやく亜紀という存在をサク
なりに解釈できたのか、解放感を感じ、
良い表情、お気に入りの表情と思うようになりました。

でも防波堤で亜紀が最後に山田サクにトントンするシーンかな。このシーンの
解釈も皆さん色々なのかな。
すいません、語りだすとキリがないです。
2017/07/03 18:06 すぎこう URL [ 編集 ]
すぎこうさん

> キャプチャされているもので、
> 緒方サクが倒れているところは凄い大げさと当時思いました。
> この後1987年の山田サクの場面に代わって
> 開放感を感じました。ギャップが凄い。
>
> 私的には、この時点では緒方サクは閉塞感、
> 山田サクに解放感がありましたが、
> 後半山田サクの手詰まり感、緒方サクに
> 少しずつ解放感の兆しを感じました。


お気付きだと思いますが
キャプチャはタイトルバックが出るまでを抜粋したものです。
冒頭の掌に乗せた骨の粉もそうですが
ラジオの件も、1話の最後まで観ないと意味がわからないんです。
逆に言うと、繰り返し観ることを前提にドラマを作ってあると言うか
もっと言うと
既に原作を読んだり映画版を観た人には更にストーリーに入られるように作ってあるように思えるんです。

開放感に関しては
最初はウザったく思えた小林親子が
何度か観るうちに緒方サクにとってのガス抜き的存在に感じて来ました。
言い方を変えると
亜紀の居なくなった穴を小林親子で埋めるのではなく
亜紀の穴はそのままで
小林親子の丘のようなものが緒方サクに芽生えてきているような。
意味わかりませんね(笑)。



> 当時このドラマをオンタイムでブログにつづっていたkuma6663さんが
> 最終回好きなシーンをキャプされており、私と共通する物を感じましたが、


『俺の夏が終わったぜ』的なことを書いていましたよね(笑)。


> 何度かドラマを観ると緒方サクが「走りたいだろう、亜紀」という時の表情が
> それまでのギャップもあるのか、ようやく亜紀という存在をサク
> なりに解釈できたのか、解放感を感じ、
> 良い表情、お気に入りの表情と思うようになりました。


そう思えるまで俺も何年もかかりました。



> でも防波堤で亜紀が最後に山田サクにトントンするシーンかな。このシーンの
> 解釈も皆さん色々なのかな。


一瞬、辛かった出来事が夢オチだったようにも思えましたよね。

あれがなければ俺の心が救われなかったです。

2017/07/03 20:44 虎馬 URL [ 編集 ]
ご無沙汰しております
虎馬様

ご無沙汰しております。

以前3月くらいに何度かコメントのやり取りをさせて頂いた
kawachannです

お陰様でワタクシのAH病ですが、
寛解期を迎えたようです、、あの張り裂けそうな心の
痛みも徐々に薄らいで来ています。
自分なりに亜紀は朔ちゃんと生きている、、と納得
出来ました。
ラストの堤防での再会も

とんとんプス「びっくりした?」
(私が朔ちゃんの中にいて)
「したよ」
(17年間、この先もずっと亜紀は一緒にいてくれることを
悟った嬉しそうな朔ちゃん)

こんな風にイメージできるようになりましたね

第一話のラジオネーム「ジュリエット」さんですが
これは、結構、当時のBBSなどでは
投稿者はスケちゃんだと、、、
スケちゃんが毎年、朔ちゃんんが亜紀の焼香に帰って来るように7月2日に投稿していた、、、と考えるとまた格別ですね
亜紀の遺言テープで唯一、スケちゃんだけには「朔ちゃんを、ヨロシク」と言っているし、スケちゃんって結構、責任感の強いキャラだと思うわけです。

現状、ワタクシの最大の疑問点はなぜ、朔ちゃんは亜紀の散骨を学校のグランドで行ったのでしょうか?
絵的にはラストに相応しい感ですが、
あの「堤防」では
ダメだったのでしょうか?
このセカチューは脚本にイロイロ仕掛け、意味があると思います
グランドでまく意味もあるはずよ、、、

虎馬様の見解が聴きたいと思っています。

2017/08/10 17:43 kawachan URL [ 編集 ]
kawachanさん

> ご無沙汰しております。


お久しぶりです(笑)。


> 以前3月くらいに何度かコメントのやり取りをさせて頂いた
> kawachannです


さすがに3ヶ月前までくらいはおぼえています(笑)。


> お陰様でワタクシのAH病ですが、
> 寛解期を迎えたようです、、あの張り裂けそうな心の
> 痛みも徐々に薄らいで来ています。
> 自分なりに亜紀は朔ちゃんと生きている、、と納得
> 出来ました。
> ラストの堤防での再会も
>
> とんとんプス「びっくりした?」
> (私が朔ちゃんの中にいて)
> 「したよ」
> (17年間、この先もずっと亜紀は一緒にいてくれることを
> 悟った嬉しそうな朔ちゃん)
>
> こんな風にイメージできるようになりましたね


俺は今でも、どうしても

『(今までのは全部夢だよ)びっくりした?』
と言ってるような気がしてなりません。



> 第一話のラジオネーム「ジュリエット」さんですが
> これは、結構、当時のBBSなどでは
> 投稿者はスケちゃんだと、、、
> スケちゃんが毎年、朔ちゃんんが亜紀の焼香に帰って来るように7月2日に投稿していた、、、と考えるとまた格別ですね
> 亜紀の遺言テープで唯一、スケちゃんだけには「朔ちゃんを、ヨロシク」と言っているし、スケちゃんって結構、責任感の強いキャラだと思うわけです。

ずいぶん回りくどい仕事ぶり
BBSも病人の集まりですね(笑)。
わかりますよ。



> 現状、ワタクシの最大の疑問点はなぜ、朔ちゃんは亜紀の散骨を学校のグランドで行ったのでしょうか?
> 絵的にはラストに相応しい感ですが、


これは、ソラノウタの『おまえの脚は、あの子の脚だ』の流れから

『走りたかっただろう』と
いつも朔太郎が見ていたグランドで走る亜紀と並走しながら撒骨することを思いついたと単純に思います。

もっと言えば、原作もグランドだからではないでしょうか。
原作は、中学のグランドで登り棒をスカートのまま登る亜紀を想い出しながら(笑)
桜の花びらとともに撒いています。

つまり、朔太郎が思う亜紀が一番輝いて見えた瞬間を撒く場所に考えたと思うんです。


> あの「堤防」では
> ダメだったのでしょうか?


堤防は、このドラマにとって生死を分け隔てる場所のような気がします。
そう考えると、最初に朔太郎が亜紀と堤防に来たとき
亜紀が海側のテトラポットに乗ってることがかなり意味の深いことに思えるはずです。


> このセカチューは脚本にイロイロ仕掛け、意味があると思います
> グランドでまく意味もあるはずよ、、、
>
> 虎馬様の見解が聴きたいと思っています。


見解というか、軽い感想になってしまってすみません(笑)。

2017/08/11 15:34 虎馬 URL [ 編集 ]
コメント返信ありがとうございます。
返信ありがとうございます。
AH病も寛解期ですが、今でもDVDボックス1巻を
毎日、エンドレスで観ております
なんか、心地よいというか、現実逃避には最強の娯楽です

>これは、ソラノウタの『おまえの脚は、あの子の脚だ』>の流れから

>『走りたかっただろう』と
>いつも朔太郎が見ていたグランドで走る亜紀と並走しな>がら撒骨することを思いついたと単純に思います。

>もっと言えば、原作もグランドだからではないでしょう>か。
>原作は、中学のグランドで登り棒をスカートのまま登る>亜紀を想い出しながら(笑)
>桜の花びらとともに撒いています。

>つまり、朔太郎が思う亜紀が一番輝いて見えた瞬間を撒>場所に考えたと思うんです。

ウーン、確かに直前の「ソラノウタ」がありますが、
安直過ぎて、、、競技場ではダメなのでしょうかねぇ?

まぁ、校舎の建て替え、、朔ちゃんの祖父の散骨の場所
の亜紀の選択、なども踏まえ自分なりにもう一度考えて
みます。至福の時間で、、、

>堤防は、このドラマにとって生死を分け隔てる場所のよ>うな気がします。
>そう考えると、最初に朔太郎が亜紀と堤防に来たとき
>亜紀が海側のテトラポットに乗ってることがかなり意味>の深いことに思えるはずです。

コレは、深かったです、、、こんな見方しませんでしたね
参考になりました。

またセカチューの貴殿記事に反応して
コメントしていきますね


2017/08/12 20:30 kawachan URL [ 編集 ]
kawachanさん

> AH病も寛解期ですが、今でもDVDボックス1巻を
> 毎日、エンドレスで観ております
> なんか、心地よいというか、現実逃避には最強の娯楽です


1、2話は特に完成度が高いですからね(笑)。




> ウーン、確かに直前の「ソラノウタ」がありますが、
> 安直過ぎて、、、競技場ではダメなのでしょうかねぇ?


手厳しいですね(笑)。

競技場は勝手に入れる場所ではないので現実的に難しいと思いますよ。



> まぁ、校舎の建て替え、、朔ちゃんの祖父の散骨の場所
> の亜紀の選択、なども踏まえ自分なりにもう一度考えて
> みます。至福の時間で、、、


お任せします(笑)。



2017/08/13 07:38 虎馬 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://gateofpromisedland.blog.fc2.com/tb.php/889-7dc33ded
マーガレット

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
RSSリンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
検索フォーム